海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

『ドクター・フー』を見る順番は?スピンオフの『トーチウッド』『クラス』も含めて紹介

Doctorwhologo2018

 イギリスの大人気SFドラマ『ドクター・フー』が、近年Amazonプライムでも配信が始まって、日本でも知名度が上がってきたかもしれません。現在、『ドクター・フー』はDVDレンタルのほか、動画配信サービスではHuluとAmazonプライムで観ることができます。

 

 しかし、『ドクター・フー』を観るに当たって一つ頭を悩ませるのが、その順番です。クリスマス・スペシャルがあったり、スピンオフドラマの『秘密情報部トーチウッド』や『クラス―ねらわれたコールヒル高校ー』などがあるので、意外と複雑になっています。今回は、そんな『ドクター・フー』関連作品の放送順をスピンオフドラマを含めて、すべて紹介します。

関連記事:『ドクター・フー』が世界で最も面白いSFになれる理由 - 海外ドラマパンチ

 

 

 

 

『ドクター・フー』とは

 『ドクター・フー』は、1963年にイギリスBBCで放送が始まった国民的SFドラマです。1989年に一度終了した『ドクター・フー』ですが、2005年から新シリーズが始まりました。基本的に、私たちが観ることが出来るのは、この新シリーズになります。

 

 『ドクター・フー』の最たる特徴の一つが、主人公であるドクターを演じる人が定期的に変わる点です。『007』シリーズとは異なり、「再生(regeneration)」という手法でこれを可能にしているのですが、詳しくはドラマ本編をご覧ください。

 

 旧シリーズを含めて、現在までに13人の人物がドクターを演じています(ウォー・ドクターなどを数に入れると、厳密にはもう少し多いですが)。新シリーズは、9代目のクリストファー・エクルストンから始まります。

 

 『ドクター・フー』には、いくつかのスピンオフ作品が存在します。そのうち、日本で観ることが出来るのは『秘密情報部トーチウッド』と『クラスーねらわれたコールヒル高校ー』の2つです。

 

 『秘密情報部トーチウッド』(全4シーズン)は、本編に登場するキャプテン・ジャック・ハークネス率いる秘密組織トーチウッドの物語です。『ドクター・フー』が全世代向けであるのに対し、『秘密情報部トーチウッド』は大人向け作品になっています。『クラスーねらわれたコールヒル高校ー』(全1シーズン)は、コールヒル高校を舞台にしたスピンオフです。

 

 『ドクター・フー』は、基本的に一話完結なので、どのシリーズ(英国ドラマはシーズンではなくシリーズと言う)から見始めても良いのですが、やはりシリーズ1から見始めるのをおすすめします。スピンオフについては、気になるものから見てみると良いと思います。ただし、本編シリーズ4に『秘密情報部トーチウッド』シリーズ2のネタバレが含まれていたりするので、すべて順番通りに観ていくのがベストです。

関連記事:『ドクター・フー』が世界で最も面白いSFになれる理由 - 海外ドラマパンチ

 

『ドクター・フー』及びスピンオフの順番

9代目クリストファー・エクルストン

『ドクター・フー』シリーズ1

 

10代目デイヴィッド・テナント

『ドクター・フー』シリーズ2

『秘密情報部トーチウッド』シリーズ1

『ドクター・フー』クリスマス・スペシャル「消えた花嫁」

『ドクター・フー』シリーズ3

『ドクター・フー』クリスマス・スペシャル「呪われた旅路」

『秘密情報部トーチウッド』シリーズ2

『ドクター・フー』シリーズ4

『ドクター・フー』スペシャル・エピソード「もうひとりのドクター」「死の惑星」

『秘密情報部トーチウッド』シリーズ3

『ドクター・フー』スペシャル・エピソード「火星の水」「時の終わり パート1 & 2」

 

11代目マット・スミス(ニュー・ジェネレーション)

『ドクター・フー』シリーズ5

『ドクター・フー』シリーズ6 エピソード1~7

『秘密情報部トーチウッド』シリーズ4

『ドクター・フー』シリーズ6 エピソード8~13

『ドクター・フー』シリーズ7 エピソード1~5

『ドクター・フー』クリスマス・スペシャル「スノーメン」

『ドクター・フー』シリーズ7 エピソード6~13

『ドクター・フー』50周年記念エピソード「ドクターの日」「ドクターの時」

 

12代目ピーター・カパルディ(ネクスト・ジェネレーション)

『ドクター・フー』シリーズ8

『ドクター・フー』シリーズ9

『ドクター・フー』クリスマス・スペシャル「リヴァー・ソングの夫」

『クラスーねらわれたコールヒル高校ー』シリーズ1

『ドクター・フー』クリスマス・スペシャル「帰ってきたドクター・ミステリオ」

『ドクター・フー』シリーズ10

『ドクター・フー』クリスマス・スペシャル「戦場と二人のドクター」

 

13代目ジョディ・ウィテカー(リボーン)

『ドクター・フー』シリーズ11

『ドクター・フー』シリーズ12

 

注意点

DVDの方へ

 現在までに『ドクター・フー』の新シリーズは、すべてDVD化されています。ただ、おそらくレンタルなどで見掛けるのは、もっぱらシリーズ5以降のものだと思います。DVDのタイトルで、「ニュー・ジェネレーション」は11代目マット・スミス=ドクターのS5~7、「ネクスト・ジェネレーション」は12代目ピーター・カパルディ=ドクターのS8~10、「リボーン」は13代目ジョディ・ウィテカー=ドクターのS11~になります。なお、これらのサブタイトルは日本独自のものです。

 

Huluの方へ

 Huluの場合は、50周年記念エピソード以外は、Huluにある通りの順番で観ていけば大丈夫です。50周年スペシャルは、シリーズ7と8の間になります。『秘密情報部トーチウッド』と『クラス』の順番に関しては、上のリストをご覧ください。

 

Amazonプライムの方へ

 Amazonプライムでは、今月から『ドクター・フー』シリーズ5~10及び『クラス』が配信開始されました。しかし、Amazonプライムの仕様が非常にわかりにくく、検索の仕方によっては出てこなかったり、有料版のもののみが出てきたりします。必ず「ドクターフー」と検索してください。「doctor who」や「ドクター・フー」だと、一部の作品が出てきません。

 

 また、スペシャル・エピソード等がシリーズ本編に入っていたり、別扱いになっていたりして、注意したいものは以下の場所にあります。本編と別扱いのものは、タイトルを全て入れて検索し直してみてください。

 

・クリスマス・スペシャル「消えた花嫁」は、S3の最初

・クリスマス・スペシャル「呪われた旅路」は、S4の最初

・スペシャル・エピソード「もうひとりのドクター」~「時の終わり パート2」の5話は、S4の最後

・クリスマス・スペシャル「スノーメン」は、S7の最後(本来はS7第5話と第6話の間)

・50周年記念エピソード「ドクターの日」は、本編とは別扱い

・50周年記念エピソード「ドクターの時」は、S8の最初

・クリスマス・スペシャル「帰ってきたドクター・ミステリオ」と「戦場と2人のドクター」は、いずれも本編とは別扱い

 

 なお、現在Amazonプライムで見放題配信されているのは『ドクター・フー』S1~10、『秘密情報部トーチウッド』S1~4、『クラス』S1になります。『ドクター・フー』S11~12は、別途料金を追加することで観ることができます。 

 

 

 

『ドクター・フー』各シーズン感想・解説

 このブログで扱っている『ドクター・フー』関連の記事は以下のようなものがあります。いずれも、各シーズンのネタバレを含みます。

 

アロンジ!『ドクター・フー』シリーズ3感想&各話解説

『ドクター・フー』シリーズ4~冒険も笑いもパワーアップ~

ネタバレ禁止よ!『ドクター・フー』シーズン5感想解説

ジェロニモ!『ドクター・フー』シーズン6感想解説 

不可能だ!『ドクター・フー』シーズン7感想解説

クララクララ!『ドクター・フー』シーズン8感想解説 

ロックだぜ!『ドクター・フー』シーズン9感想解説 

ザ・オリジナル!『ドクター・フー』シーズン10感想解説 

『ドクター・フー』シーズン11ネタバレ感想:新生ドクター、どこへ行く?

『ドクター・フー』シーズン12ネタバレ感想:その名はドクター

英国SFドラマ『秘密情報部トーチウッド』シーズン1~もっと仲良くして!~ 

 

⇩ところで、今回の記事は、見出しの付箋が独特な色になっています。 これは、ターディス・ブルーというもので、ドクターが乗る宇宙船のターディスの色になります。カラーコードは#003B6Fなので、ぜひ使ってみてください。

 

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com