海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

『ワンダヴィジョン』がシットコム?最新のシットコム事情から予想

f:id:presbr:20200921141611j:plain

 2020年、世界で最も話題のドラマシリーズの一つがマーベル・スタジオ製作の『ワンダヴィジョン』でしょう。映画界で大きな成功をしているマーベル・スタジオが初めてドラマ界に参入するとあって、とても注目度が高い作品です。

 

 私も、『ワンダヴィジョン』の最新情報を色々と眺めていたのですが、そこに気になる言葉がありました。『ワンダヴィジョン』はシットコムだというのです!アクションドラマやサスペンスドラマではなく、シットコムなのです。そこで、今回はそもそもシットコムとは何なのか?そして、進化する近年のシットコムや『ワンダヴィジョン』に関する予想などもしていきたいと思います。

 

 

 

 

シットコム』とは?

 シットコムとは、シチュエーション・コメディの略です。シットコムでは、毎回ほとんど同じキャストにより、ほとんど同じ場所で物語が展開します。観客の笑い声が入っているものも多いですが、必ずしもそうとは限りません。『ジ・オフィス』や『コミ・カレ!!』などは、観客の笑い声が入っていません。

 

 シットコムというと、日本に住んでいる方にとっては『フルハウス』や『フレンズ』などをご存じの方も多いかもしれません。しかし、海外ドラマ黄金期の現在、シットコムもさらなる進化を遂げています。その中から、いくつかを紹介したいと思います。

 

シットコムの代表作

『ビッグバン・セオリー』

f:id:presbr:20200623102921j:plain

 『フレンズ』終了後を代表するシットコムの一つが、『ビッグバン・セオリー』です。アメリカでは圧倒的な人気を誇り、昨年、第12シーズンをもって終了しました。『ビッグバン・セオリー』は、2人のオタク物理学者と、近所に引っ越してきた美女との交流が描かれます。特に、天才物理学者のシェルドン・クーパーは、とても高飛車なキャラクターであるにも関わらず、なぜかその魅力に引き付けられていってしまいます。

 

 シットコムがどういうものかを知りたかったら、まずは『ビッグバン・セオリー』をおすすめします。現在、『ビッグバン・セオリー』はNetflix,Amazonプライムビデオ,Hulu,U-NEXTで配信中です。

 

『コミ・カレ!!』

f:id:presbr:20200921141417j:plain

 『コミ・カレ!!』は、NBCで放送された大人気シットコムです。コミュニティ・カレッジ(社会人でも通える大学)に通う人々を描き、全6シーズンが製作されました。『アベンジャーズ』シリーズでもお馴染みのルッソ兄弟が監督したエピソードも多いです。ルッソ兄弟は、『Arrested Development』の監督もしており、実はシットコムの経験が豊富です。

 

 ルッソ兄弟の原点を知りたい方や、とにかく笑えるシットコムを見たい方は、『コミ・カレ!!』をおすすめします。現在、『コミ・カレ!!』はNetflixで配信中。

 

『VEEP/ヴィープ』

f:id:presbr:20200609172416j:plain

 シットコムには分類されないことも多いですが、HBOの『VEEP/ヴィープ』はまさに現代のコメディドラマを象徴するような作品です。『VEEP/ヴィープ』では、アメリカ初の副大統領によるドタバタ政治が描かれます。主演は、大人気シットコムとなりのサインフェルド』にも出演したジュリア・ルイス=ドレイファスです。

 

 どのエピソードも存分に笑わせてくれるのですが、政治風刺が詰まったブラックな笑いも見どころです。主人公が、政界でどのように立ち回っていくかも面白く、単なるコメディに収まらない上手さがあります。

 

 笑っておしまいではない、最新のコメディドラマを見たい方には、『VEEP/ヴィープ』がおすすめです。現在、『VEEP/ヴィープ』はAmazonプライムビデオで配信中。

紹介記事:海外ドラマ『VEEP/ヴィープ』感想~これがセリーナ式ドタバタ政治だ!~ - 海外ドラマパンチ

 

シットコムの『ワンダヴィジョン』

 『ワンダヴィジョン』がシットコムとは言え、『ビッグバン・セオリー』のようなタイプのシットコムにはならないだろう、と私は思っています。というのも、『ビッグバン・セオリー』のような一話完結タイプだと、話が全然進まないのです。それこそがシットコムの魅力の一つでもあります。

 

 しかし、『ワンダヴィジョン』に関しては、映画『ドクター・ストレンジ』の続編に直結するストーリーだとも言われているので、ストーリーをテキパキと進めていかないといけません。そのため、『ワンダヴィジョン』はしっかり笑わせてくれながらも、中身の濃い『VEEP/ヴィープ』のようなタイプになると思われます。

 

 本日公開された『ワンダヴィジョン』の予告編がこちらです。前半は白黒で、『奥さまは魔女』のような雰囲気もあります。

www.youtube.com

 

 『ワンダヴィジョン』は全9話で、そのうち少なくとも6話をマット・シャックマンが監督します。マット・シャックマンは、『ゲーム・オブ・スローンズ』第7章第4話「戦利品」と第5話「イーストウォッチ」を監督しました。「戦利品」では、第7章で最大の戦闘が繰り広げられ、迫力満点のエピソードになっています。

 

 マット・シャックマンの代表作は、シットコムフィラデルフィアは今日も晴れ』です。このドラマは、現在までに14シーズンが製作され、今なお人気を誇る番組の一つです。現在、日本で『フィラデルフィアは今日も晴れ』を観ることは出来ないのですが、放送しているのがケーブル局のFXなので、おそらく単なるコメディではないでしょう。

関連記事:良作ドラマのFX。『ファーゴ』『アメホラ』などFXドラマを特集!

 

 アクションにもコメディにも長けているマット・シャックマンが監督するということなので、ますます『ワンダヴィジョン』がどのような作品になるかが読めなくなってきました。予告編を見る限りでは、アクション要素はなさそうですが、その気になればドラゴンを戦場で戦わせられる監督です。

 

 なお、『ワンダヴィジョン』はミニシリーズなので、シーズン2はありません。