海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

スピンオフの方が面白い⁉海外ドラマ5選

f:id:presbr:20200901113813j:plain

 今や海外ドラマも非常に多くの作品が作られるようになりました。人気の作品の場合は、スピンオフドラマが作られることも少なくありません。今回は、そんな映画・ドラマのスピンオフの中でも、もしかしたらスピンオフの方が面白いんじゃないか!?とも言われている5作品を紹介していきます!

 

 

『ベター・コール・ソウル』

f:id:presbr:20200830233939j:plain

 名作ドラマ『ブレイキング・バッド』放送終了後の約1年半後にスタートしたのが、本編に登場したセコい弁護士のソウル・グッドマンを描く前日譚ドラマ『ベター・コール・ソウル』です。『ブレイキング・バッド』の制作スタッフの多くが続投したこのスピンオフドラマも、本編に劣らず高い評価を受けています。

 

『FARGO/ファーゴ』

f:id:presbr:20200328132007j:plain

 『FARGO/ファーゴ』は、コーエン兄弟の映画『ファーゴ』にインスパイアされた1シーズン完結のアンソロジーシリーズです。映画版と話の繋がりはないのですが、雪に覆われた田舎で起こる悲劇を独特のブラックユーモアで描いているという点で、これらが同じ世界の話であることがわかります。

関連記事:海外ドラマ『FARGO/ファーゴ』シーズン1~シニカルな笑いが効いた秀作~ - 海外ドラマパンチ

 

『刑事モース』

f:id:presbr:20200622235546j:plain

 『刑事モース オックスフォード事件簿』は、ドラマ『主任警部モース』の主人公の若かりし頃を描くドラマです。この主任警部モースは、イギリスではシャーロック・ホームズを凌ぐ程の人気キャラクターです。『刑事モース』はミステリードラマとして一級であるだけでなく、モースの若さ特有の悩みも描かれています。

 

『リミットレス』

f:id:presbr:20200901113859j:plain

 『リミットレス』は、ブラッドリー・クーパー主演の映画『リミットレス』の続編かつスピンオフのドラマです。映画版はある特殊な薬を呑むと脳が覚醒する男を主人公とするものでしたが、ドラマ版にもほとんど同じ境遇の人物が登場し、こちらの人物が主人公となります。ただし、映画版の主人公も物語の鍵を握る人物として登場します。

関連記事:海外ドラマ『リミットレス』シーズン1~実験的挑戦に満ちた意欲作~ - 海外ドラマパンチ

 

『秘密情報部トーチウッド』

f:id:presbr:20200612150152j:plain

  イギリス発の大人気SFドラマ『ドクター・フー』にはいくつかのスピンオフ作品が存在しますが、最も人気があるのは『秘密情報部トーチウッド』でしょう。トーチウッドという組織は、『ドクター・フー』シリーズ2にも登場するのですが、ほとんど別の組織になっています。『ドクター・フー』が全世代向けであるのに対し、『秘密情報部トーチウッド』はバイオレンス描写も含めた大人向けドラマになっているのが特徴的です。

 

まとめ

 以上、スピンオフの方が面白いかもしれない5つのドラマを紹介してきました。個人的には、『FARGO/ファーゴ』と『リミットレス』はドラマ版の方が面白いと思っています。『刑事モース』は、元のドラマ『主任警部モース』は観ていなくて、原作シリーズを少し読んだことがあるくらいなのですが、これはどちらも良さそうな感じです。

 

 『秘密情報部トーチウッド』はシーズン1だけ観たのですが、これはう~ん。正直いまいち。でも、シーズン3はかなり評判が良いようです。『ベター・コール・ソウル』は近いうちに観たいなと思っています。

 

 ここで紹介したもの以外にも、映画『羊たちの沈黙』などに登場する博士を主人公にしたドラマ『ハンニバル』や、映画『サイコ』の殺人鬼を主人公にした『ベイツ・モーテル』、スター・ウォーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』なども高い評価を受けています。

 

 人気作品のスピンオフドラマについては、すでに製作発表がされているものも数多くあります。その中には、映画『チャイルド・プレイ』シリーズのチャッキーを主人公にしたドラマや、マーベルの諸作品もありますね。2022年には、『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚である『ハウス・オブ・ドラゴン』がHBOで放送予定です。

 

psbr.hatenablog.com