海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

私が海外ドラマにハマる10の理由:なぜ映画よりもドラマを観るようになったのか?

 はてなブログがこの度、10周年を迎えたということで、何やら企画をやっているようです。その中で「私が◯◯にハマる10の理由」というお題があったので、今回はこのテーマに沿って書いてみたいと思います。

 

 ○○に入るのは、いつも通り海外ドラマで。このブログは海外ドラマの感想などは頻繁に上げているのですが、自分がなぜ海外ドラマにハマったのかという話はほとんどしていません。ちょうど良い機会なので、少しまとめてみることにしました。本当は「私が海外ドラマにハマる13の理由」にしたいところですが、はてなブログ10周年企画に参加しているので、普通に10の理由にしておきましょう。

 

 実は、自分が海外ドラマに本格的にハマったのはここ2年ぐらいのことであり、その前は映画の方がよく観ていました。そんな自分が、なぜ今は海外ドラマの方が好むようになったのか。このあたりを中心に、海外ドラマにハマっていくようになった流れを書いていきましょう。

 

 

 

理由① Dlife

 以前は映画派の人間だったとは言っても、それなりに海外ドラマも観ていました。というのも、少し前までBS放送でDlifeという放送局があり、ここでは様々な海外ドラマが無料で放送されていました。その中で『バーン・ノーティス』や『CHUCK/チャック』といったドラマに出会いましたし、これらは今でも大好きな作品です。

 

理由② TRUE DETECTIVE

 映画を中心に観ていながらも、海外ドラマもちょくちょく観ていたのですが、あるとき衝撃的な作品に出会います。映画でもドラマでも刑事ものは好きなので、そのときにAmazonプライムビデオで見つけた『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』も観てみようとなったのです。

 

 これが、映画派から海外ドラマ派に転向するきっけかになった決定打です。1シーズン8話しかなく、作りは完全に映画と同レベル。ストーリーも役者の演技もとんでもなく素晴らしく、その瞬間に『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』シーズン1は、それまでに観てきたすべての映画やドラマを超越する傑作として自分の頭に刻み付けられました。

 

理由③ 安かった

 急にお金の話になるのですが、今の時代、海外ドラマはとても安いです。先ほどの『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』だって、当時ならばアマプラの学生月額料金250円で観られてしまったわけですから。現在、多くのストリーミングサービスの月額料金は500~2000円程度です。大学生が映画館で映画を1本観るのに1500円かかりますから、比較すると圧倒的に安いのです。

 

理由④ 暇だった

 海外ドラマにハマったのは大学生になってからです。というか、今も大学生です。大学生は、基本的に暇を持て余しています。いつだってそうなのですが、この2年間は特に暇です。某パンデミックの影響ですね。大学は未だにオンライン授業が多かったりしますから、それ以前と比べるとずっと暇なのです。

 

理由⑤ イッキ見の面白さ

 「イッキ」という言葉がつく行動は基本的に体に悪いです。イッキ見だって、健康には良くないでしょう。でも、家からろくに出られないような状況が続けば、イッキ見をしてみようかとなるわけです。最近はあまりやらないのですが、本当に効力があった第1回緊急事態宣言のときには『ゲーム・オブ・スローンズ』をイッキに観ました。1日1シーズンペースで、全73話を1週間ぐらいで観てしまいました。

 

 なんとも贅沢な体験だなと思いますが、その価値はありました。ネタバレの危険性がほぼゼロで、ウェスタロスの世界に没入できましたから。別にイッキ見をおすすめするつもりはありませんが、この頃には海外ドラマ沼にどっぷりと浸かっていました。

 

理由⑥ 思ったより広い世界

 以前は映画をよく観る人間だったので、ドラマのことにはあまり詳しくありませんでした。知れば知るほど趣味の世界は驚くほど広がるものですが、海外ドラマの世界も例外ではありません。映画だって、一生をかけれも観ることができないほどの作品数がありますが、1作品が何シーズンも続く海外ドラマの世界はまさに無限の広がりがあります。

 

理由⑦ 中毒性

 海外ドラマという性質上、視聴者に長く続けて観てもらうことを想定しているので、中毒性が高いのです。例えば、『ビッグバン・セオリー』というコメディドラマがあるのですが、かれこれ10年ぐらい少しづつ観ています。そろそろファイナルシーズンが日本でも観られるようになっているので、ようやく自分の中でも完結させることが出来そうです。

 

理由⑧ SNSで広がる趣味

 はてなブログ自体も一種のSNS的な性格を持ちますが、これ以外にTwitterのアカウントも持っています。始めはこのブログの宣伝が主な目的だったのですが、今では映画やドラマの情報を集めたり、同じような趣味を持つ方々との交流の方がメインになっています。SNSが便利なのは「この作品面白いよ!」という情報を知ることが出来ることなんですよね。実際『THE WIRE/ザ・ワイヤー』『ボディガード—守るべきもの—』など他の方からおすすめされたことで観て、とてもハマった作品はいくつもあります。

 

理由⑨ 英語学習効果?

 海外ドラマを観る理由の一つに英語学習を挙げる人がよくいます。個人的には、海外ドラマに頼った英語学習法はあまり効率的だとは思わないのですが、多少は英語耳を養うのには役立っているのかもしれません。最近は『The IT Crowd』や『Fresh Meat』などの英国コメディを英語字幕で観ることもしていて、イギリス英語のスラングをたくさん学ぶことが出来ました。

 

理由⑩ まだまだ観たいものがある

 まだまだ海外ドラマ趣味を辞めるつもりは、さらさらありません。理由はシンプル。今ほど海外ドラマが面白い時代はないからです。以前は映画派であり、今だって映画が好きなのですが、ここではあえて断言しましょう。今のハリウッドは、映画よりもドラマの方が面白いです。

 

 一昔前ならば、映画の方が面白かったでしょうし、いずれは映画やドラマ以外の映像形態が主流になるかもしれません。今だってハリウッド以外であれば、映画はまだまだ勢いがあります。

 

 それでも、今のハリウッドに関してはドラマが一番面白いんです。『ベター・コール・ソウル』のようなディープな人間ドラマ、『エクスパンス』のような本格SF、『メディア王~華麗なる一族~』のような豪華で風刺的な作品。それらは、この時代に新たに生み出されたものです。こういった作品に出会い続けられる限り、海外ドラマはやめられません。

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com