海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

海外ドラマ『ボディガード―守るべきもの―』感想:アクション×サスペンス×ミステリー

f:id:presbr:20210615002050j:plain

My job's to keep you safe, ma'am. I won't tell you how to do yours.

- David Budd, Bodyguard season 1

 

 重要人物の命を守る―それがボディガードの唯一の任務であり、最大の任務です。その職業そのものの名前が付いたドラマ『ボディガード』ですが、そう一筋縄ではいかきません……ma'am.

 

 

 

 

ドラマ『ボディガード―守るべきもの―』基本データ

・原題:Bodyguard

・放送局:BBC One

・放送年:2018年

・話数:6

・キャスト:リチャード・マッデン、キーリー・ホーズ

・あらすじ:

 警察官のデイヴィッド・バッドは、内務大臣のジュリア・モンタギューを護衛する任務を与えられる。ジュリアが掲げる政策はデイヴィッドの賛同できないものであったが、相次ぐテロ攻撃から大臣を守る任務に取り組む。

・予告編:

www.youtube.com

海外ドラマ『ボディガード―守るべきもの―』はNetflixで独占配信中。 

 

前半1~3話おさらい(ネタバレあり)

 ドラマは、主人公のデイヴィッド・バッドが子供たちと電車に乗っている場面から始まります。デイヴィッドは、列車に自爆犯が乗っていることを知り、イスラム系の女性を説得しようとします。

 

 序盤から、すでに手に汗握る展開です。自分の子供の写真を見せたりして、何とか説得には成功するのですが、ここから巨大な陰謀は始まっていました。

 

 デイヴィッドは内務大臣のジュリア・モンタギューを護衛する仕事を与えられます。ジュリアは、RIPA18という諜報活動などを幅広く可能にする法案を強く推進しており、首相とも反発し合っていました。

 

 列車でのテロ未遂事件の影響もあって、ジュリアはさらに法案を押し通していきます。それに反発してか、ジュリアとデイヴィッドの周りでテロ攻撃が頻発。デイヴィッドの子供が通う学校に爆弾を積んだトラックが突っ込もうとしたり、ジュリアが乗った車が銃撃されたりしています。

 

 それでも、ジュリアはセント・マシューズ大学での講演を決行します。その結果、ジュリアは爆破により死亡。警官の1人や側近のタヒール・マハムードも亡くなりました。

 

 ここまでが、言ってもみればボディガード・パート。デヴィッドが内相をテロ攻撃から守ろうとする話でした。ボディガードの話なのに、守るべき人物が途中で死んでしまうのは衝撃的です!なんだかんだ生き残ると思っていたのに。

 

 

 

後半4~6話おさらい(ネタバレあり)

 4話からストーリーの展開はガラッと変わり、一連のテロ攻撃の真相を追究するミステリー・サスペンス・パートになります。

 

 詳細は省きますが、真相は大体こんな感じ。捜査を主導していたのは、ロンドン警視庁テロ対策司令部SO15です。デヴィッドは警官なので、こちら側の人間です。SO15は、保安局(MI5)と敵対しています。

 

 一連のテロ攻撃を計画したのは、巨大な犯罪組織を率いるルーク・エイキンスでした。RIPA18は、テロ組織だけでなく組織犯罪に対しても危険な法案だったためです。また、保安局の捜査権限が大きくなることにより、警察に賄賂を渡すだけでは済まなくなるためでした。

 

 爆弾を作ったのは、1話で自爆テロを仕掛けたナディア。自らが被害者であるようなフリをずっとしていましたが、爆破事件の爆弾を作ったのはすべて彼女でした。また、デイヴィッドの警察の上司にあたるロレイン・クラドックは、内相の予定などをルークに流していました。

 

 ジュリア死亡後に保安局がデイヴィッド周辺をやたらと捜査していたのは、首相のスキャンダルネタが入った極秘タブレットを探すためです。ジュリアと保安局は、そのネタを共有して、首相に対して有利な立場を取っていたと思われます。しかし、すべての事件が終わった後にスキャンダルはすべて明るみに出て、首相は辞任を余儀なくされました。

 

 アクション満載だった前半と比べると、ミステリー要素の濃くなった後半ですが、これも素晴らしい。特に、デイヴィッドが徐々に疑わしくなり、こそこそとタブレットを盗む段階になると、デイヴィッドのことを信じていたはずの私たちも疑念を抱くようになってしまうのが面白いかったです。

 

壮絶アクション

 最終話の爆弾処理のシークエンスは、緊張感が半端なかったですね。このドラマでは、中盤で主要人物のジュリアが死亡しているので、主人公のデイヴィッドが死ぬ可能性も大いにありました。そのことが余計にスリルを高めています。

 

 それこそ、デイヴィッドが2本目のワイヤーを切るときは、本当に死ぬかと思っていました。周りの警官を退避させ、妻に別れの言葉を言い、ゆっくりとワイヤーを切るんだから。怖かったよ~~!

 

 手に汗握る場面の演出は全編を通して非常に上手くて、アクションシーンもとても面白かったです。特に自分が好きなのは、ジュリアとデイヴィッドが乗っていた車が狙撃されるところ。容赦のない狙撃手が良い。デイヴィッドが何とかして敵の位置を把握し、銃撃されながら車を動かしていくのもスリリングでした。

 

マァァァム!

 余談ですが、リチャード・マッデンの話し方が、やたらクセがあるように感じたのですが、元からそうでしたっけ?『ゲーム・オブ・スローンズ』のロブ・スターク役でしか知らないのですが、そんなにアクセントは気にならなかった気がしています。自分は英国アクセントが好きなので、それはそれで全然良いんですけど。

 

 それ以上に耳に残るのは、デイヴィッドが連呼する「Ma'am!」の数々。ma'amは、madamの省略形で、目上の女性に対して使われる言葉です。デイヴィッドは、警察の上司が女性で、護衛するジュリアも女性なので、必然的にma'amを何度も繰り返す羽目になっていました。

 

 このma'amがmam/mum(お母さん)に聞こえるというのは非ネイティブに限った話ではなく、イギリスでも話題になっていたようです。Netflixの誰かが数えたところによると、デイヴィッドは全部で91回、ma'amと言っていました。

www.youtube.com

 

 ちなみに、このドラマはイギリスで大ヒットを記録し、2008年以来のBBCで最も多くの視聴者数を獲得しました。

 

まとめ

 『ボディガード』は、アクション、ミステリー、サスペンス、すべてAAA級。見応えのある爆発や銃撃戦や、裏切り裏切られる事件捜査の展開は、全6話を通して圧倒的な面白さです。全人類におすすめしたいです。

 

psbr.hatenablog.com

 

 おまけで、ちょっと細かいことを書いておこうかな。この『ボディガード』は、Netflixオリジナルシリーズと書かれていて、ドラマの最初の方でも「Netflix Original Series」と出てきますよね。でも、本当はNetflixは作っていないんです。

 

 実際に作ったのは、イギリスのITVです。ただし、放送されたのはBBC Oneでした。どっちにしろ、Netflixは製作に関わっていないのに、自分の手柄にしているのは、なんかズルいんじゃない? と思わないでもないのです。どうでも良いと言えばどうでも良い話なのですが。

 

psbr.hatenablog.com