海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

Netflix『ミドルディッチ&シュワルツ』で即興のスリルを共に楽しもう!

f:id:presbr:20200828004350j:plain

 Netflixで配信されているコメディ番組『ミドルディッチ&シュワルツ』をご存じですか?俳優としても活躍する2人が完全即興で繰り広げる『ミドルディッチ&シュワルツ』は、他では見られない笑いを体験できます。もちろん、ドラマ『シリコンバレー』ファンの方は必見です!

 

 

 

 

Netflix『ミドルディッチ&シュワルツ』基本データ

・原題:Middleditch & Schwartz 

・配信元:Netflix

・配信日:2020年4月21日

・話数:3

・一話あたりの長さ:50分

・キャスト:トーマス・ミドルディッチ『シリコンバレー』、ベン・シュワルツ『パークス・アンド・レクリエーション』

・概要:

 トーマス・ミドルディッチとベン・シュワルツが行った即興コメディショーを収録したもの。事前の台本や打ち合わせは何もなく、各回の冒頭で観客の一人から話を聞き、そこから2人は即興でコントを始める。

・予告編:

www.youtube.com

 

『ミドルディッチ&シュワルツ』各回あらすじ

 即興コメディなのですが、一応各回のあらすじをまとめてみます。とは言っても、明確なストーリーはそれほどなく、また私自身だけでなくトーマスとベン自身もストーリーを誤解している場合があり、支離滅裂な概要になっているのはお許しください。あと、やはり即興であることを楽しんでほしいので、まだ本編を観ていない方は読まない方が良いかもしれません。

 

第1話「駐車場ウェディング」

 近いうちに結婚式を挙げるという話を、そのカップルのそれほど親しいわけでもない友人から聞いて、即興コメディスタート。結婚式直前をメインに、新郎新婦、新郎の友人、新婦の元カレ、新郎新婦の両親、牧師、ライブで会った友達などなど、多数の人物が登場。新婦の元カレは、小学生の頃に彼女を救うために犯罪者を撃ったと語る。トーマスは、何故か幽霊のキャラクターを出してくるが、これが意外なところで伏線となる。

 

第2話「ロースクールとマジック」

 子供を育てながら夜間のロースクールに通っている女性の話を聞き、即興コメディスタート。舞台はロースクールの契約の授業で、ノリの良い教授やメリーランド州出身の男、似非アメリカ人の生徒などが登場。一人だけテストを受けていた生徒はいきなり落第し、ある生徒が電子契約の質問をすると教授が困ってしまい、似非アメリカ人は教室に隠していたエイリアンを出してしまう。エイリアンは友達が欲しいらしく、しぶしぶマジック:ザ・ギャザリングが好きな子供が差し出される。

 

第3話「最高の仕事」

 コント番組「サタデー・ナイト・ライブ」のカメラマンのインターンに応募するため、ビデオ面接を受けてきたという人物の話を聞き、即興コメディスタート。ある男がビデオ面接を受けていると、動物のガゼルの真似をしろなど理不尽な質問が飛び出す。同じ面接を受けていた友人はビデオ面接は落ちてしまったようだが、ニューヨーク・タイムズのカメラマンの面接に行く。2人は、それぞれ仕事を得るも、やりたい仕事とは逆になってしまった(とトーマスとベンは思っていたが、実はそれは誤解で、登場人物の2人は始めからやりたい仕事をやっている)。

 

『ミドルディッチ&シュワルツ』感想

 感想の前に、2人の紹介を軽くしておきましょう。トーマス・ミドルディッチはHBOのコメディドラマ『シリコンバレー』(Amazonプライムで配信中)で、主人公のITオタクを演じてブレイクしました。

psbr.hatenablog.com

 

 ベン・シュワルツは、アメリカで大ヒットしたシットコム『パークス・アンド・レクリエーション』(日本未上陸)にレギュラー出演したことで知られています。日本では『スター・ウォーズ』のBB-8の声や『ソニック:ザ・ムービー』でソニックの声を演じているといった方がわかりやすいかな。

 

 ただでさえガゼルみたいなトーマスと常に表情が濃いベンによるコメディショー『ミドルディッチ&シュワルツ』の魅力。それは、何と言っても即興であるという点に尽きます。

 

 ネタの完成度の高さで言ったら、当然ながら事前に練られたコントの方が良いでしょう。しかし『ミドルディッチ&シュワルツ』では、即興であるが故に普通ならばあり得ない破天荒なネタも飛び出してきます。新婦の元カレが犯罪者を銃殺していたり、ロースクールにエイリアンが登場したり、といった感じで。訳がわからないんだけど、これが面白いんです。

 

 もう一つの見どころが、即興ゆえに起こってしまうハプニングの数々。彼らは、即興で登場人物を考え名前を付けたりしているため、彼ら自身でも進行中に登場人物の設定を忘れてしまうことが多々あります。そのため、しばしば2人で名前を確認し合うといった事態になります。そんな雰囲気になる度に、なぜかこっちまでハラハラしてしまいます(笑)

 

 ハラハラ感がMAXだったのは、第3回のじゃんけんの場面です。展開的にベンが勝たなければいけないところなのだけれど、じゃんけんなのでどっちが勝つかわかりません。あの緊張感は面白かったですね。

 

  自分は『シリコンバレー』が好きなので、その主演のトーマス・ミドルディッチが出ているという理由で『ミドルディッチ&シュワルツ』を見始めました。おそらくそういう理由もあってか、自分はずっと腹を抱えて笑っていました。たとえトーマス・ミドルディッチとベン・シュワルツをあまり知らなくても十分楽しめると思います。

 

 即興ゆえの独特の緊張感から生み出される笑いは、他のコント番組では見られないものです。

 

 それにしても、一時間の即興コメディショーを3回もやったトーマス・ミドルディッチとベン・シュワルツは凄いですよ!そりゃ、多少ごたごたするところもありますが、毎回意外なところで伏線を持ち出してくる展開もあり、彼ら頭の回転の速さが伺われます。この2人は、本当にコメディの才能があるんでしょうね。彼らの今後の活躍がさらに楽しみです。

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com