海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

Netflix『マーダーヴィル~謎解きはアドリブで~』ゲスト解説&感想

f:id:presbr:20220204155921j:plain

 刑事ドラマは古今東西たくさんありますが、その中の役者たちは当然ながら台本を読んでいます。実際に自分で事件を解決しているわけではありません。しかし、そんなのはおかしいではないか! 事件を解決するフリだけでなく、実際に事件を解決させなければいけない! と考えたのかどうかは知りませんが、誰かがそんな番組を作ってしまいました。

 

 Netflixで2022年2月3日から配信が始まった『マーダーヴィル~謎解きはアドリブで~』は、イギリスBBC Threeで2015~2017年に放送された番組『Murder in Successville』のアメリカ版リメイクです。どちらもコンセプトは同じ。自分だけ台本を渡されていない有名人が、即興で事件を解決していきます。

 

 今回は、ドラマ『マーダーヴィル』に登場する有名人たちの紹介と実際にドラマを観た感想をまとめました。

 

 

基本データ

  • 原題:Murderville
  • 制作:Netflix
  • 配信日:2022年2月3日
  • 話数:6
  • 主演:ウィル・アーネット
  • あらすじ:テリー・シアトルは、過去に相棒を亡くし、今は妻と離婚手続き中の刑事だ。毎回、新たな相棒とともに、マーダーヴィルで起こる殺人事件を担当する。
  • 予告編:

    www.youtube.com

※オリジナルのイギリス版『Murder in Successville』は現在日本では配信されていません。

 

ゲスト出演者の解説

第1話 コナン・オブライエン

 現在まで約30年に渡りトーク番組の司会を務めている大物コメディアン。即興であっても、ノリの良さで場を盛り上げるスキルはさすが。子供の頃のマジックの思い出をアドリブででっち上げ、他の演者たちまで笑わせてしまいます。やたらとチリソースを食べさせられるのは笑ったなぁ。

 

第2話 マーショーン・リンチ

 シアトル・シーホークスなどに所属していたアメフト選手。ドラマ『ウエストワールド』シーズン3にも出演しています。マーショーンのことはあまり知らないのですが、このエピソードを見る限りでは、優しそうな人に見えます。取調室のシーンでは、容疑者と鏡映しになって真似をするという謎の行動をさせられていましたが、やっていくうちにだんだん真似が上手くなっていくのが少し面白い。

 

第3話 クメイル・ナンジアニ

 初期はスタンダップコメディアンとして活動し、HBOのコメディドラマ『シリコンバレー』でブレイク。マーベル映画『エターナルズ』にも出演したパキスタン出身俳優。他の出演者と比べるとクメイルは終始笑っている印象でしたが、実際、他の回よりも面白いのだから仕方ない。奇声を上げながら変な歩き方をしていたのは爆笑。

 

第4話 アニー・マーフィー

 ドラマ『シッツ・クリーク』にレギュラー出演し、2020年にはエミー賞助演女優賞(コメディ部門)を受賞したカナダ出身の女優。ヒゲをつけてギャングのもとに潜入捜査を仕掛ける場面は、ずっとおかしくて笑えた。

関連記事 ど根性女優アニー・マーフィーを応援せずにはいられない! - 海外ドラマパンチ

 

 

第5話 シャロン・ストーン

 映画『氷の微笑』『カジノ』などで知られる大物女優。何事があってもそつなくこなしてしまうので、即興であってもそれなりに形になっているように見えました。あと、この番組の死体役の人たちは、死んでいる割に表情豊かです。

 

第6話 ケン・チョン

 初期はスタンダップコメディアンとして活躍し、ドラマ『コミ・カレ!!』にレギュラー出演してブレイクしたコメディ俳優。とにかくよく笑ってましたね。囚人と話しているときも笑いまくっていたので、刑事というよりはサイコパスに見えてくるほど。

 

 

総評

 出演者が台本を渡されずに事件を解決していく趣向なので、『マーダーヴィル』はドラマというよりはバラエティ番組に近いものです。有名人とともに視聴者も謎解き気分が味わえるという目的もあるのかもしれませんが、出演者と視聴者では提示されているデータ量も状況も異なるので、適度な難易度を作るのは大変なのかもしれません。

 

 コメディとしても、やはり台本がないので、ゲストの力量頼りになってしまう部分があります。コナンとクメイルはかなり上手くやっていましたが、コメディアンでもないと無茶ぶりに対応するのは難しいものです。ケン・チョンが、なぜあれほど笑いのツボが浅いのかは謎でしたが。

 

 ゲスト陣は、もしかしたら日本ではシャロン・ストーン以外はあまり知られていないかもしれませんが、いずれもアメリカでは好感度の高い人たちばかり。ゲストを知っていれば、一種のバラエティ番組として楽しめる作品だったのではないでしょうか。逆に、この出演者たちが出ている『シリコンバレー』『シッツ・クリーク』『コミ・カレ!!』を観たことがなければ、これから観てみるというのもとてもおすすめです。

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com