海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

Amazonドラマ『No Activity/本日も異常なし』ネタバレ感想|シソンヌじろうの本領発揮

f:id:presbr:20211214000525j:plain

 Amazonプライムビデオで配信が始まったオリジナルドラマ『No Activity/本日も異常なし』を、早速観てみました。予告もろくに見ていなかったので、てっきり真面目な刑事ドラマだと思っていたのですが、実際に観てみたところ、コメディドラマだったのです!しかも、めちゃくちゃ面白かった!

Amazonプライム会員登録はこちらから

 

予告編

www.youtube.com

関連記事:Amazonプライムビデオおすすめ海外ドラマ24選【ジャンル別】 - 海外ドラマパンチ

 

あらすじ

 ベテラン刑事の時田と新人刑事の椎野は、パトカーの中で麻薬捜査の張り込みをしている。司令センターでは、新人の大平が、ベテランの里見から色々な話を聞かされていた。そのとき、ガレージの中では誘拐事件が発生していた……。

 

 

登場人物/キャスト(ネタバレなし)

f:id:presbr:20211215191249j:plain

時田信吾/豊川悦司

 万年ヒラ刑事。格好つけるのだけは一丁前。

 

椎名遊/中村倫也

 新人刑事。前職は、自動車教習所の教官。

 

f:id:presbr:20211215191343j:plain

里見美里/木村佳乃

 ベテラン司令官。すぐに自分の話を始めようとする。

 

大平阿漓羅/清野菜名

 新人司令官。キレると怖い。

 

f:id:presbr:20211215191436j:plain

諌山/岸谷五朗

 小物の犯罪者。

 

一条/岡山天音

 サイコパスの犯罪初心者。

 

茉莉/岸井ゆきの

 誘拐の被害者。配信したい。

 

 

感想(ネタバレあり)

 今回のドラマ『No Activity/本日も異常なし』のベースになっているのは、2015年からオーストラリアで放送されていた『No Activity』というドラマ。2017年からは、アメリカで同名のリメイク版が制作・放送されています。

 

 オリジナル版のドラマは日本で配信されておらず、自分も観たことがありません。そのため、日本版がどの程度オリジナルに準拠しているのかは、よくわかりません。でも、おそらく設定を取り入れているだけで、中身のネタはそんなに共通しているわけではないと思います。

 

 最初にも書いた通り、自分はこのドラマのことをろくに知らずに観始めたので、真面目な刑事ドラマだと思っていました。実際に観始めてから数分間も、そう思っていました。しかし、どうも妙なのです。パトカーで張り込みをしている刑事2人も、司令センターにいる2人も、ただ喋っているだけ。そもそも、何の張り込みをしているのかすら、よくわかりません。

 

 話している内容は、最初の内は、まぁまぁ面白いかなと思っていたぐらい。でも刑事ドラマでも冗談を言うことだってあるからな、という程度にしか考えていませんでした。とは言え、1話を観終わる頃には気づきます。こいつら、30分経っても何もしなかった!?でも、なんか面白かったぞ!

 

 どうやらこのドラマは、ひたすら登場人物たちのだべりを楽しむもののようです。ただ話しているだけだったら、それほど面白くないのではないかと思ってしまいます。なのに、このドラマの会話に関しては、めっぽう面白い!

 

 しかも、決してコントのようになるわけではないんですよね。コントとコメディドラマの違いの一つが、ツッコミがあるかどうかなのですが、そのあたりの区別はしっかりされています。それぞれのキャラクターがちゃんと立っていて、ぶれていないのも、コメディドラマの要件を満たしています。

 

 このあたりは、脚本を書いた「孤高のコント職人」こと、シソンヌのじろうさんの力量なのでしょう。刑事ドラマのキャラクター設定を自由自在に活用し、コメディに昇華した脚本は素晴らしいです。

 

 なお、日本のドラマにしては下ネタが多いのですが、これはオリジナルが海外ドラマであることも関係しているのかもしれません。下ネタがあるとは言っても、直接的な描写があるわけではありませんし、海外ドラマならば一般的なレベルだと思います。地上波ではなく、Amazonという場でドラマを作っているので、その程度のネタに関する自由度はあって良いでしょう。

 

 このドラマが面白いのは、ネタのほとんどは会話劇のようなものでスケールが小さいにも関わらず、映像は凄くちゃんとしていることです。刑事ドラマの中でも、特に気合いの入っているものでしょう。でも、むしろ刑事ドラマのフォーマットがこれほど徹底されているからこそ、ネタはさらに面白くなってきます。真面目なところで、ちょっとおかしなことをするのが、一番面白いですから。コントとは比べものにならないほど、とても贅沢です。

 

 役者陣のコメディ演技も見所です。木村佳乃さんには、あまりコメディの印象がなかったのですが、先輩風を吹かせて自分の話ばかりする司令官の役は良かったと思います。若手の中村倫也と清野菜名も、先輩の刑事や司令官に世代交代を感じさせるようなポジションでした。

 

 

総評

 Amazonプライムビデオで独占配信中のドラマ『No Activity/本日も異常なし』は、サクッと観られて、存分に笑える秀作コメディドラマです。全6話しかないのが惜しいほど。シーズン2も作ってくれないかな?

Amazonプライム会員登録はこちらから

 

 ちなみに、刑事ドラマをパロディしたコメディドラマは『No Activity』だけではありません。現在、Netflixで配信されている『ブルックリン・ナイン‐ナイン』も、愉快な刑事たちを主人公にしたコメディです。こっちの方が『No Activity』よりも優しいので、癒されたいときはぜひ『ブルックリン・ナイン‐ナイン』を。話数もたくさんあるので。

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com