海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

海外ドラマ『スタートアップ』シーズン1感想:暗号通貨で世界を変えろ!

f:id:presbr:20210418232106j:plain

 今年に入ってから、またビットコインが値上がりしているようです。暗号通貨は、最もホットなテーマですが、その裏にはもっと熱い物語があるのかもしれません。

 

 なお、今回扱う海外ドラマ『STARTUP スタートアップ』は、韓国ドラマの『スタートアップ』や、マ・ドンソク主演映画『スタートアップ!』とは違います。アメリカで製作されて、マーティン・フリーマンやアダム・ブロディとかが出ている『スタートアップ』です。

関連記事:IT業界を舞台にした海外ドラマ7本~『シリコンバレー』『スタートアップ』など~ - 海外ドラマパンチ

 

 

 

海外ドラマ『スタートアップ』シーズン1基本データ

・原題:StartUp

・放送局:Crackle

・放送年:2016年

・話数:10

・あらすじ:

 新たな暗号通貨「ジェンコイン」を開発したイジーは、ニックの投資を受けて事業を始めようとする。しかし、ニックの金は父親のものであり、元々はハイチ系ギャングの金だった。大金が動いていることに気付いたFBI捜査官のフィルは、新人捜査官とともに3人の計画を追い始める。

・予告編:

www.youtube.com

現在、『スタートアップ』全シーズン1~3はAmazonプライムビデオとNetflixで配信中

 

海外ドラマ『スタートアップ』感想(ネタバレ)

 HBOの『シリコンバレー』というドラマが好きなんです。タイトルからも想像がつきますが、ITの聖地シリコンバレーでのスタートアップを描いた話です。コメディなんですけど、スタートアップの様子も詳しく描かれていて、めちゃくちゃ面白いんです。

psbr.hatenablog.com

 

 そんなこともあって、スタートアップのドラマをまた観たくなったんです。で、あるではないですか、そのものずばりのドラマが。評判もそこそこ良く、マーティン・フリーマンが出ているので、見てみることに。マーティン・フリーマンが出ている作品は、高確率でアタリです。『SHERLOCK/シャーロック』はもちろんそうですし、『FARGO/ファーゴ』と『The Office/ジ・オフィス』も凄く面白かったです。

 

 そして『スタートアップ』ですが、まず、マーティン・フリーマンが初っ端から極悪人です。そして、クズです。このドラマは、彼が演じるFBIのフィル・ラスクが何やら怪しげな取引をしている場面から始まります。その後は、新人捜査官とともにニックたちの怪しげな金の動きを探り始めるのですが、第4話で急展開です。新人さんとフィルが急にいちゃいちゃし始めた翌朝、ハッカーがやってきて新人を殴り倒してしまいます。

 

 新人は、バスタブに縛り付けられ、結局はフィルに殺されてしまいます。お~~い~~!殺すなっ!!可哀そうじゃん。しかも、ハッキングで得た金はなんだかんだハッカーに全額奪われています。フィルは、クズなんですよ。『FARGO/ファーゴ』で演じていたレスターのクズ度はそのまま、極悪人になったようなキャラクターです。

 

 このドラマの面白いところの一つは、フィルが言っていたように、金持ちの白人とキューバ系のプログラマーとハイチ系のギャングという、本来ならば接点のないはずの3人が一緒になっている点にあります。それゆえ、ジェンコインの事業が上手く行くのか、そもそも3人が協力することが出来るかは完全に未知であるため、先の展開が非常に気になってきます。

 

 ジェンコインを発明したキューバ系のイジー・モラレスは、家族からはもの凄く嫌われています。大学にまで行かせたのに、未だに何も成果を出していない(ように見える)からでしょうか。実際、イジーは何か定職に就いているわけでもなく、結婚もしていないので、理解のない家庭だと除け者にされてしまいます。そこは、理解してやれ!と自分は思ってしまうのですが、なかなかそうもいきません。

 

 金持ち家庭出身のニック・タルマンは、生活には困っていません。シーズンを通しても、彼女を失ったぐらいで、実害は最も少なく済んでいます。それでも、安定した収入が得られる投資会社の仕事を辞めてまでジェンコインに賭けているのには、熱い志が見られます。

 

 それでも、ハイチ系ギャングのロナルド・デイシーには、かないません。自分たちの金をすべてジェンコインにつぎ込んでしまうんですから。それが賢い行動かというと、そうも思いませんが、その思いには感心します。暗号通貨のジェンコインは、銀行口座を持たない貧しい人たちのためのものなので、ロナルドは想定ユーザーに一番近い立場にいます。

 

 考えてみれば、何の接点もない3人ですが、ジェンコイン開発に関してはこれ以上はないほど最適の3人とも言えそうです。そもそもの開発者であるイジー、資金を調達するニック、ユーザー視点を導入してくれるロナルド。ロナルドがいることで、ジェンコインは常にその本来の目的を見失うことはないはずです。

 

 しかーーーし!そう順調に事は進みません。アレックス・ベルという大金持ちが、横から入ってきます。あれよあれよとアレックスに丸め込まれ、イジーたちは会社を失ってしまいます。あ~~、もう~~!契約をするときは、ちゃんと誰かに確認しないと!良い人ばかりじゃないんだから!

 

 シーズン1はそんな具合で幕を閉じてしまいます。どうすんの!アレックスがマフィアと繋がっている証拠があるので、これを基にアレックスを陥れようとするのですが、どうやらフィルが自分勝手な行動に出てしまったようです。こんな状態から、3人は復活することが出来るのか!?気になるっっ

 

 

 

まとめ

 スタートアップしたところ速攻で会社を奪われてしまったシーズン1でしたが、とても面白かったです。接点のなさそうな3人が、ジェンコインという目標に向けて、熱く進んでいく様子は見ものです。見せかけだけのオフィスを用意するところなんかは、ちょっと笑えたりもしました。シーズン1だけでは、まだ何も出来ていないので、今後のシーズンは頼むぞ!本当にジェンコインには成功してほしい。

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com 

 

↓海外ドラマ感想・紹介記事一覧はこちら

海外ドラマ感想記事リスト - 海外ドラマパンチ