海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

海外ドラマ『インセキュア』シーズン1~無自覚な差別主義者どもに物申す(コミカルに)~

f:id:presbr:20200912153257j:plain

Black women aren't bitter, they're just tired of being expected to settle for less.

- Issa Dee in Insecure season 1

 

 Black Lives Matter運動が注目を集める今年、日本に住む私たちも、この問題に無関心でいるわけにはいきません。しかし、人種差別問題を扱ったものって難しそうにも感じてしまいます。今回は、コミカルに、それでいて人種差別問題に対する新たな視点を与えてくれるドラマ『インセキュア』の話です。

 

 なお、この記事にネタバレはありません。

 

 

『インセキュア』シーズン1基本データ

・原題:Insecure

・放送局:HBO

・放送日:2016年10月9日~11月27日

・脚本-製作-主演:イッサ・レイ

・あらすじ:

 ロサンゼルスの社会福祉団体で働く29歳のイッサは、日常的に繰り返される黒人差別に辟易しており、彼氏のローレンスとの関係も上手くいっていなかった。

・予告編:

www.youtube.com

 

コミカルに日常的な差別意識を描き出す

 人種差別問題を扱った映画・ドラマは、すでにたくさんあります。最近だと、映画では『ブラック・クランズマン』とか『ムーンライト』などなど。人種が違うという理由だけで、命の危険さえも高まってしまう悲惨な現状には怒りを覚えます。

 

 でも、人種差別問題はそんな極端な例だけでなく、もっと日常的にもあるようです。そのことを示してくれるのが、ドラマ『インセキュア』です。このドラマでは、人種差別により直接的に暴力を受けたりするといったような場面はありません。

 

 でも、「これくらいだったらあるかもしれない」という日常的な場面で、白人たちの差別意識が見られるところがちょくちょく出てきます。おそらく、これらはこのドラマのクリエイターのイッサ・レイの実体験が、多かれ少なかれ反映されたところであるのでしょう。

 

 例えば、主人公のイッサの同僚たち。奴ら、本当に差別主義者ばっかりなんですよ。イッサの陰口を叩いていたり、イッサが黒人だからという理由で雑なアドバイスを求めてきたり。おそらく、彼らも社会福祉団体(We Got Y'all)のメンバーである以上、人種差別反対を声高に唱えている人々なのでしょう。しかし、彼らの無自覚の差別意識は、当事者にはわかるものです。

 

 そういった差別問題が背景にあるものの、そのせいで『インセキュア』が重く暗い雰囲気になることはありません。イッサは、ラップや妄想で差別主義者たちに本音をぶちまけます。これは、なんとも痛快!その思いを直接本人にぶつけられないもどかしさはあるものの、少なくとも『インセキュア』を観ている、無自覚差別主義者どもには届いているはずです!

 

 

 

ロサンゼルスに生きるアラサー女性

 『インセキュア』の主人公の2人は、ともにロサンゼルスに住み、キャリアもそこそこ順調です。でも、恋愛となると話は別で、こちらはトラブル続き。イッサには長年付き合っている彼氏がいるものの、全く進展がないことに少々うんざりしてきています。イッサの親友のモリーは、理想が高くて上手くいかないタイプ。

 

 そんな2人が恋愛や友情関係に悪戦苦闘する様は、自然と応援したくなってきます。特に、同年代の方ならば共感することも多いかも?

 

『インセキュア』シーズン2は?

 ドラマ『インセキュア』は、今年4月からHBOでシーズン4が放送されました。このシーズン4は、これまで以上に高く評価され、今年のエミー賞では作品賞(コメディ部門)、イッサ・レイの主演女優賞、イヴォンウ・オージの助演女優賞など、全8部門にノミネートされています。

 

 また、『インセキュア』は、すでにシーズン5への更新が決まっており、まだしばらくはイッサたちの奮闘を見ていけそうです。しかし、日本では現在Amazonプライムビデオでシーズン1が観られるのみで、シーズン2以降を観ることができない状況です。DVDも、発売・レンタルともにされていません。

 

 シーズン1同様に、シーズン2以降もAmazonプライムビデオでの配信を期待したいところではあります。しかし、同じくHBOの30分コメディドラマである『シリコンバレー』『BARRY/バリー』『VEEP/ヴィープ』などなどの新シーズンがいつまで経っても配信されていません。この状況を鑑みるに、『インセキュア』シーズン2の配信についても、あまり期待できないのかもしれません。

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com