海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

新動画配信サービスHBO Maxとは何か?日本上陸はいつになる?オリジナル作品も多数配信。

f:id:presbr:20200412004336p:plain

 現在、動画配信サービスは群雄割拠に時代にあります。ストリーミングサービスの先駆的存在といえるNetflixはもちろん、huluやAmazon Prime Videoもいまだに登録者数を増やし続けています。2019年からは、Disney+もサービス開始し、こちらも上々のスタートを切っています。

 

 2020年に入り、この競争はさらに激化していくことは確実と見られています。なぜなら、2020年5月27日にHBO Maxが始動するからです。今後、動画配信業界を席巻していくこと間違いなしの新サービスHBO Maxについて解説していきます。

関連記事:本当に面白いHBOドラマおすすめランキング【Amazonプライム,スターチャンネル】 - 海外ドラマパンチ

 

 

 

 

HBO Maxとは

 HBO Maxとは、2020年5月27日にWarnerMedia(ワーナーメディア)が開始予定の動画配信サービスです。HBO Maxでは、HBO作品だけでなく、ワーナー傘下の映画会社ワーナー・ブラザースや放送局のCNN、TNT、The CWなどの数多くの作品を観ることができる可能性があります。

 

 HBO MaxがNetflix、hulu、Amazon Prime Videoと異なるのは、そもそも運営しているのが映画製作会社などを持つWarnerMediaであるという点です。これまで、ワーナーやHBOは他の配信サービスに作品を供給する立場でしたが、これからは彼らが自分たちで配信サービスを始めるのです。つまり、これまでスーパーマーケットに品物を卸していた農家が、産地直送店を始めるようなものです。そして、その農家がとてつもないシェアを誇っているのです。

 

 アメリカでの料金は月$14.99ということで、他のサービスと比べると少し高めです。しかし、それだけ強気に出ても構わないぐらいのコンテンツがあると見ているのでしょう。

 

 ちょっと紛らわしいのですが、HBO MaxはHBOのサービスではなく、WarnerMediaのサービスです。なのに、なぜHBOの名前が付けられているかと言えば、それはテレビドラマで定評のあるHBOのイメージを全面に押し出すためです。そもそも動画配信サービスは、映画よりもテレビドラマとの親和性が高いです。そのため、HBOドラマを売りにしていけば、確実に客を引き付けられるとワーナーは考えたのです。

 

HBO Maxで配信予定の作品

HBO作品

『ゲーム・オブ・スローンズ』

『THE WIRE/ザ・ワイヤー』

『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』

『ウエストワールド』

『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』

『ラリーのミッドライフ★クライシス』

『シリコンバレー』

『チェルノブイリ』

『ウォッチメン』

……など、すべてのHBO作品

関連記事:AmazonプライムにあるHBOドラマ56作品全部紹介します! - 海外ドラマパンチ

 

テレビドラマ

『ドクター・フー』(BBC)

『フレンズ』(NBC)

『ビッグ・バン・セオリー』(CBS)

『プリティ・リトル・ライアーズ』(ABC)

『The OC』(FOX)

『バットウーマン』(The CW)

『フォーリング・スカイズ』(TNT)

『リゾーリ&アイルズ』(TNT)

『サウスパーク』(コメディ・セントラル)

『トップ・ギア』(BBC)

……などなど

※The CWの『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』などのアローバース作品や『リバーデイル』も配信予定。

 

映画

『市民ケーン』

『雨に唄えば』

『ジョーカー』

『アリー/スター誕生』

『ロード・オブ・ザ・リング』

『マトリックス』

『名探偵ピカチュウ』

『千と千尋の神隠し』

……など、ワーナー・ブラザース配給作品をメインとした多くの映画

※すべてのDC作品とジブリ映画21作品を含む。

 

 

 

HBO Maxオリジナル作品

 HBO Maxでは、上記の既存作品だけでなく、HBO Maxオリジナル作品も多数配信される予定です。HBO Maxでは、2021年までに50本のオリジナル作品を配信すると発表されています。その中から、注目作品の一部をご紹介します。

 

『フレンズ』同窓会スペシャル

 放送終了から15年以上経った今でも衰えない人気を誇るコメディドラマ『フレンズ』の特別番組が、HBO Maxでは配信予定です。この番組が、『フレンズ』のキャラクターの同窓会スペシャルなのか、キャストによるトーク番組なのかといった詳細はまだ不明です(どうやら後者になりそう)。本来ならば、HBO Maxのローンチと同時に配信する予定でしたが、COVID-19の影響で撮影が遅れています。

 

リブート版『ゴシップガール』

 大ヒット青春ドラマ『ゴシップガール』のリブートドラマも、現在制作中です。全10話の予定。『ドクター・スリープ』のエミリー・アリン・リンド、『プリティ・リトル・ライアーズ』のイーライ・ブラウンらが出演予定です。元祖『ゴシップガール』のクリステン・ベルも出演するようです。

 

ケイリー・クオコ制作・主演『The Flight Attendant』

 『The Flight Attendant』は、『ビッグ・バン・セオリー』のペニー役でお馴染みのケイリー・クオコが制作・主演を務める全8話のドラマです。ある朝、ホテルの部屋で二日酔いから目覚めた客室乗務員のキャシーは、隣に死体があることに気づいてしまい……という話だそうです。あらすじは映画『ハングオーバー』を想起させますが、もっとシリアスなサスペンスドラマになりそうです。

 

アナ・ケンドリック主演『Love Life』

f:id:presbr:20200825154728j:plain

 『Love Life』は、映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズで知られるアナ・ケンドリック主演の全10話のドラマです。彼女にとっては、これが初のテレビドラマ主演になります。

追記:『Love Life』は、今年10月からスーパー!ドラマTVで日本初放送されることになりました。

 

リドリー・スコット制作総指揮『Raised by Wolves』

f:id:presbr:20200825154653p:plain

 『Raised by Wolves』は、『エイリアン』『ブレードランナー』の監督リドリー・スコットが制作総指揮及び監督を務める新作SFドラマです。謎の惑星で子供たちを育てる2体のアンドロイドを主人公にした話だそうです。リドリー・スコット自らがテレビドラマを監督するのは、今回が初めてになります。

 

スティーブン・ソダーバーグ監督『Let Them All Talk』

 映画『オーシャンズ11』や『コンテイジョン』で知られるスティーブン・ソダーバーグ監督の新作コメディ映画が、HBO Maxで独占配信される予定です。メリル・ストリープ主演で、ルーカス・ヘッジスなど豪華キャストが出演予定です。

 

ザック・スナイダー版『ジャスティス・リーグ』

www.youtube.com

 2017年に公開されたDCヒーロー映画『ジャスティス・リーグ』なのですが、実はこの映画についてファンの間ではRelease The Snyder Cutという運動が巻き起こっていました。『ジャスティス・リーグ』はもともとザック・スナイダーが監督して撮影が進んでいたのですが、家庭の事情により途中で降板したため、最終的にはジョス・ウェドンが監督して完成させています。

 

 そのため、ザック・スナイダーが監督したバージョンの『ジャスティス・リーグ』(通称スナイダーカット)が劇場公開されたものとは別に存在するのですが、これまでずっと非公開でした。それが、2021年にHBO Maxでスナイダーカットが配信されることが先日発表されました。HBO Maxの提供元がワーナーなので、こういうことも可能なのです。

 

 

 

HBO Maxの日本でのサービス開始予定は?

 HBO Maxは、2020年中に中南米アメリカで、2021年中にヨーロッパの一部でもサービス開始することが発表されています。しかし、日本でのリリースは全く未定です。まだ発表もないので、HBO Maxの日本上陸がはるか先になってしまうと思ってしまいますが、そうとも限りません。

 

 というのも、注目したいのはDisney+のケースです。こちらは、ディズニーが運営する動画配信サービスで、アメリカでは、昨年10月から開始されました。当初は、Disney+も日本でのサービス開始予定はありませんでした。しかし、今年4月に突如、2020年後半には日本でもDisney+を展開することが発表されました。(追記:さらに時期が早まり、今年6月にもローンチ予定)

 

 このケースを参考にするならば、HBO Maxもいきなり日本でのリリースを発表さする可能性もあります。2020年以内というのは難しそうですが、2021年以内にリリースされる可能性はあると思っています。

 

2021年のワーナー映画はすべてHBO Maxで同時公開

 2020年12月に入り、ワーナーから重大発表がありました。コロナ禍の影響で劇場閉鎖が続いていることなどを踏まえ、ワーナーは2021年に劇場公開する映画17作品を、同時にHBO Maxでも配信することにしました。17本には、『マトリックス4』『DUNE/デューン』『The Many Saints of Newark』(←HBOドラマ『ザ・ソプラノズ』の前日譚)などが含まれます。

関連記事:映画The Many Saints of Newarkを観る前に知っておきたいこと - 海外ドラマパンチ

 

 これにより、ワーナーはこれ以上、映画の公開延期をしなくても済むようになります。と同時に、HBO Maxの顧客の増加を望むことが出来ます。劇場側にとっては厳しい決定になりますが、映画ファンにとっては映画館で観るという選択肢が十分残されています。コロナ禍による経済の変化を考慮すれば最も妥当とも言える判断であり、今後、他の配給会社も同様の対策を取るのかが注目されます。

  

HBO Maxの日本上陸が与える影響

 HBO Maxが日本上陸するのが待ち遠しいという思いはあるのですが、実際に上陸することになったら、一つ大きな打撃を受けると思われるサービスがあります。それは、Amazon Prime Videoです。

 

 現在、HBO作品はAmazon Prime Videoで実質的に独占配信されています。ですが、HBO Maxが日本に来るときには、これらの作品をAmazon Prime Videoから引き上げることは必至でしょう。つまり、HBO作品がAmazon Prime Videoで見られなくなる可能性があるのです。『ゲーム・オブ・スローンズ』『ウエストワールド』などがすべてなくなったとしたら、Amazon Prime Videoは他のサービスと比べてちょっと不利になりかねません。

 

 映画については、あまり心配はいらないかもしれません。ワーナー・ブラザースの主力映画であるDCコミックス映画は、現在どの配信されていません。また、映画は他のサービスで配信されていても、あまり影響は大きくないので、他のワーナー作品もわざわざ引き上げを行わないかもしれません。

 

 なお、ジブリ作品がアメリカのHBO Maxでは視聴可能なのですが、日本上陸の際には含まれないと考えた方が妥当でしょう。ジブリ作品は、日テレとかと色々あるので、現在日本のどのサービスでも配信されていません。HBO Maxが、わざわざ日本でのジブリ作品の権利を買うこともないと考えられます。

 

追記:2020年12月31日をもって、Amazonプライムビデオで配信中の『ゲーム・オブ・スローンズ』を除く全HBO作品が配信終了すると予告されました。しかし、まだHBO Maxが日本に上陸するなどといった発表はありません。

 

 

 

HBO Maxまとめ

 ここまで、今年5月にサービス開始予定の新ストリーミングサービスHBO Maxについて紹介してきました。HBO Maxでは、HBO作品のみならず、ワーナー・ブラザースの映画など、数多くの魅力的な作品が配信される予定となっています。日本でのサービス開始は未定ですが、早く日本上陸してくれることを期待したいですね。

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com