海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

エミー賞2020ノミネート一覧~アフターGoTを争うのはこのドラマだ!~

 日本時間2020年7月29時1時頃にテレビ界のアカデミー賞ことエミー賞2020のノミネート作品が発表されたので、ここに記しておきます。昨年『ゲーム・オブ・スローンズ』が終了し、さらに混戦が予想されるエミー賞2020に注目!この記事ではエミー賞2020の21部門のノミネート作品を一挙ご紹介。Netflixよ、HBOの時代はまだまだ終わっていないぞ!(→詳しくは「まとめ」へ)

 

 

 

 

ドラマ部門

作品賞【ドラマ部門】

『ベター・コール・ソウル』

『ザ・クラウン』

『ハンドメイズ・テイル』

『キリング・イヴ』

『マンダロリアン

『オザークへようこそ』

ストレンジャー・シングス』

『サクセッション(別名:キング・オブ・メディア)』

 

一言:全体的に妥当。『マンダロリアン』入るんだ!と思ったけど、評判良かったからな。受賞は『サクセッション』だと予想。

psbr.hatenablog.com

 

主演男優賞【ドラマ部門】

ジェイソン・ベイトマン『オザークへようこそ』

スターリング・K・ブラウン『THIS IS US 36歳、これから』

ティーブ・カレル『ザ・モーニングショー』

ブライアン・コックス『サクセッション』

ビリー・ポーター『POSE』

ジェレミー・ストロング『サクセッション』

 

一言:『サクセッション』強し。

 

主演女優賞【ドラマ部門】

ジェニファー・アニストン『ザ・モーニングショー』

オリヴィア・コールマン『ザ・クラウン』

ジョディ・カマー『キリング・イヴ』

ローラ・リニー『オザークへようこそ』

サンドラ・オー『キリング・イヴ』

ゼンデイヤユーフォリア

 

一言:オリヴィア・コールマンや『キリング・イヴ』の2人などが順当にノミネート。ゼンデイヤは23歳の若さで快挙!

 

助演男優賞【ドラマ部門】

ジャンカルロ・エスポジート『ベター・コール・ソウル』

ブラッドリー・ウィットフォード『ハンドメイズ・テイル』

ビリー・クラダップ『ザ・モーニングショー』

マーク・デュプラス『ザ・モーニングショー』

ニコラス・ブラウン『サクセッション』

キーラン・カルキン『サクセッション』

マシュー・マクファディン『サクセッション』

ジェフリー・ライト『ウエストワールド』

 

助演女優賞【ドラマ部門】

ローラ・ダーン『ビッグ・リトル・ライズ』

メリル・ストリープ『ビッグ・リトル・ライズ』

ヘレナ・ボナム・カーター『ザ・クラウン』

サミラ・ワイリー『ハンドメイズ・テイル』

フィオナ・ショウ『キリング・イヴ』

ジュリア・ガーナー『オザークへようこそ』

サラ・スヌーク『サクセッション』

タンディ・ニュートン『ウエストワールド』

 

ゲスト男優賞【ドラマ部門】

アンドリュー・スコット『ブラック・ミラー』

ジャンカルロ・エスポジート『マンダロリアン

ジェームズ・クロムウェル『サクセッション』

ジェソン・ベイトマンアウトサイダー

マーティン・ショート『ザ・モーニングショー』

ロン・シーファス・ジョーンズ『THIS IS US 36歳、これから』

 

ゲスト女優賞【ドラマ部門】

アレクシス・ブレデル『ハンドメイズ・テイル』

チェリー・ジョーンズ『サクセッション』

セシリー・タイソン『殺人を無罪にする方法』

ハリエット・ウォルター『サクセッション』

ラバーン・コックス『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

フィリシア・ラシャド『THIS IS US 36歳、これから』

 

 

 

コメディ部門

作品賞【コメディ部門】

ラリーのミッドライフ★クライシス

『デッド・トゥ・ミー』

『グッド・プレイス』

『インセキュア』

『コミンスキー・メソッド』

マーベラス・ミセス・メイゼル』

『シッツ・クリーク』

『What We Do in the Shadows』

 

一言:多分『マーベラス・ミセス・メイゼル』が受賞するのでしょう。『インセキュア』が対抗馬かな。ダークホースで『グッド・プレイス』。

 

主演男優賞【コメディ部門】

アンソニー・アンダーソン『ブラッキッシュ』

ドン・チードル『ブラック・マンデー』

テッド・ダンソン『グッド・プレイス』

マイケル・ダグラス『コミンスキー・メソッド』

ユージン・レヴィ『シッツ・クリーク』

ライー・ユセフ『ラミー 自分探しの旅』

 

一言:正直、このあたりは全然知らん。『シリコンバレー』ファイナルシーズンが何もノミネートされなかったのが少し残念。

 

主演女優賞【コメディ部門】

クリスティナ・アップルゲイト『デッド・トゥ・ミー』

レイチェル・ブロズナハン『マーベラス・ミセス・メイゼル』

リンダ・カーデリーニ『デッド・トゥ・ミー』

キャサリン・オハラ『シッツ・クリーク』

イッサ・レイ『インセキュア』

トレイシー・エリス・ロス『ブラッキッシュ』

 

一言:『マーベラス・ミセス・メイゼル』のレイチェル・ブロズナハンが強そうだけど、『インセキュア』で脚本・プロデューサーもやってるイッサ・レイが個人的には来てると思う(去年の『フリーバッグ』のノリで)。

 

主演男優賞【コメディ部門】

アンドレ・ブラウアー『ブルックリン・ナイン-ナイン』

ウィリアム・ジャクソン・ハーパー『グッド・プレイス』

アラン・アーキン『コミンスキー・メソッド』

スターリング・K・ブラウンマーベラス・ミセス・メイゼル』

トニー・シャルーブマーベラス・ミセス・メイゼル』

マハーシャラ・アリ『ラミー 自分探しの旅』

キーナン・トンプソン『サタデー・ナイト・ライブ

ダニエル・レヴィ『シッツ・クリーク』

 

助演女優賞【コメディ部門】

ベティ・ギルピン『GLOW』

ダーシー・カーデン『グッド・プレイス』

イヴォンヌ・オージ『インセキュア』

アレックス・ボースタイン『マーベラス・ミセス・メイゼル』

マリン・ヒンクル『マーベラス・ミセス・メイゼル』

ケイト・マッキノンサタデー・ナイト・ライブ

セシリー・ストロング『サタデー・ナイト・ライブ

アニー・マーフィー『シッツ・クリーク』

 

ゲスト男優賞【コメディ部門】

アダム・ドライバーサタデー・ナイト・ライブ

ブラッド・ピットサタデー・ナイト・ライブ

エディー・マーフィー『サタデー・ナイト・ライブ

デヴ・ペテル『モダン・ラブ』

フレッド・ウィラード『モダン・ファミリー

ルーク・カービー『マーベラス・ミセス・メイゼル』

 

ゲスト女優賞【コメディ部門】

アンジェラ・バセット『A Black Lady Sketch Show

ベット・ミドラー『ザ・ポリティシャン』

マヤ・ラドルフ『サタデー・ナイト・ライブ

マヤ・ラドルフ『グッド・プレイス』

フィービー・ウォーラー・ブリッジ『サタデー・ナイト・ライブ

ワンダ・サイクス『マーベラス・ミセス・メイゼル』

 

 

 

リミテッドシリーズ・テレビ映画部門

作品賞【リミテッドシリーズ部門】

『リトル・ファイア―』

『ミセス・アメリカ』

『アンビリーバブル』

『アンオーソドックス』

ウォッチメン

 

一言:下馬評によると『アンビリーバブル』『ウォッチメン』が有力。

 

作品賞【テレビ映画部門】

アメリカン・サン』

バッド・エデュケーション

ドリー・パートンのハートフル・ソング』

『エル・カミーノ:ブレイキング・バッド THE MOVIE』

アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』

 

一言:『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』は、昨年同部門を受賞した『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』と同じく、視聴者がストーリー展開を選べるタイプの作品。

 

主演男優賞【リミテッドシリーズ・テレビ映画部門】

ジェレミー・アイアンズウォッチメン

ヒュー・ジャックマンバッド・エデュケーション

ポール・メスカル『ふつうの人々』

ジェレミー・ポープ『ハリウッド』

マーク・ラファロアイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー

 

一言:一人二役を演じたマーク・ラファロかな。『ウォッチメン』のジェレミー・アイアンズはノリノリすぎて面白かったけどね笑。

 

主演女優賞【リミテッドシリーズ・テレビ映画部門】

ケイト・ブランシェット『ミセス・アメリカ』

シーラ・ハース『アンオーソドックス』

レジーナ・キングウォッチメン

オクタヴィア・スペンサー『セルフメイドウーマン』

ケリー・ワシントン『リトル・ファイアー』

 

一言:レジーナ・キングで決まり。ケイト・ブランシェットも良いと聞くけどね。

 

助演男優賞【リミテッドシリーズ・テレビ映画部門】

ディラン・マクダーモット『ハリウッド』

ジム・パーソンズ『ハリウッド』

タイタス・バージェス『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』

ヤーヤ・アブドゥル-マティーン2世『ウォッチメン

ジョヴァン・アデポ『ウォッチメン

ルイス・ゴセット・Jr『ウォッチメン

 

助演女優賞【リミテッドシリーズ・テレビ映画部門】

ホランド・テイラー『ハリウッド』

ウゾ・アブダ『ミセス・アメリカ』

マーゴ・マーティンデイル『ミセス・アメリカ』

トレイシー・ウルマン『ミセス・アメリカ』

トニ・コレット『アンビリーバブル』

ジーン・スマート『ウォッチメン

 

アニメ部門

ビッグマウス

『ボブズ・バーガーズ』

『ボージャック・ホースマン』

『リック・アンド・モーティマー』

ザ・シンプソンズ

 

まとめ

 Netflix作品が160ノミネートで、HBOの107ノミネートを抜いて一番になった今年のエミー賞。そうはいっても、最多ノミネートは『ウォッチメン』の26ノミネートだったり、ドラマ部門の最有力は相変わらず『サクセッション』だったりするので、『ゲーム・オブ・スローンズ』後のHBOの勢いが衰えてきたとは自分は全く思わない。HBOには、コメディでも『インセキュア』『ラリーのミッドライフ★クライシス』、今年は放送されなかったけど『バリー』もあるから、むしろ安泰。もちろんNetflixに勢いがあるのは認めるけれど、数だけで判断してはいけない。

psbr.hatenablog.com