海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

海外ドラマ『デクスター』シーズン4感想:デクスターと家族

f:id:presbr:20210228191716j:plain

Want to know a secret? Daddy kills people.

- Dexter Morgan in Dexter season 4

 

 『デクスター』シーズン4では、デクスター・モーガンと同じく家族持ちのシリアルキラーである"トリニティ”が登場。仕事に育児に大忙しのデクスターの4年目の日常を覗いてみます。

 

関連記事

海外ドラマ『デクスター』シーズン1感想:デクスターと父親

海外ドラマ『デクスター』シーズン2感想:デクスターと欲望

海外ドラマ『デクスター』シーズン3感想:デクスターと友情

 

海外ドラマ『デクスター』シーズン4基本データ

・原題:Dexter

・放送局:Showtime

・放送日:2009年9月27日~12月13日

・ あらすじ:

 デクスターとリタの間に男の子のハリソンが生まれ、デクスターは仕事と育児に忙殺されていた。一方、マイアミには、3連続で殺人を繰り返している「トリニティ・キラー」の脅威が迫っていた。

 

 

 

ベスト・キル三選

第1話:行方不明の切断死体

 子供の世話に忙しく、寝不足のデクスター。裁判でも痛恨のミスをしてしまい、被疑者を逃がしてしまいます。それなら、デクスター自身が殺せば良いのですが、ここでもミスをしてしまいます。殺すまでは良かったのですが、寝不足により自動車事故を起こし、死体を置いた場所を忘れてしまったのです。誰かに見つかったら絶体絶命。必死に切断死体を探すのですが、なかなか見つかりません。

 

 実は、死体はボクシングジムのサンドバッグの中に隠されていたのでした。珍しくミステリー要素の入ったエピソードで面白いですね。推理小説でも、しばしばなくなった物を探す話(ポー『盗まれた手紙』、クイーン『アメリカ銃の謎』など)があります。ちょっとした発想の転換なのですが、自分はこういうのも好きです。

 

第8話:写真家を誤殺

 第8話で登場したのは、女性の惨殺死体です。デクスターは、この犯人をある写真家の男だと断定します。彼は、それまでに女性の惨殺死体のような写真を撮っていました。デクスターは、子供たちとのキャンプの合間を縫ってテキパキと男を殺してしまします。

 

 しかし、翌日に真犯人は写真家の男ではなく、その助手だったことが明らかになります。デクスターは間違った無実の人を殺してしまったのです。このことで、デクスターは酷く落ち込みます。無実の人を殺すのでは、ただの殺人鬼と何ら変わりはなくなってしまうからです。

 

 ただ、無実の男を殺すのは、これが初めてではないんですよね。シーズン3の最初に、デクスターはオスカー・プラドを誤って殺しています。オスカーは、麻薬売人と取引をしていたとは言え、デクスターの掟によれば、殺す対象ではないはずです。もう"ハリーの掟”ではなく”デクスターの掟”なので、自分の好きなように殺せば良いのですが、さすがに微罪の者を殺すのは気が引けます。誤殺には気を付けましょう。

 

第12話:トリニティ・キラー殺し

 シーズン4のメインの敵が、3連続で殺人を続けるトリニティ・キラーです。ただし、実際には3連続殺人の前に男の子が殺されているので、4連続殺人になります。だから、クアドルプル・キラーといったところか。彼も、デクスターと同じく、子供の頃に家族を失った強烈な記憶から、殺人衝動を抱くようになります。

 

 トリニティには、家族がいます。慈善活動もします。一見すると、とても善良そうな人に見えるのですが、それはあくまでも仮面に過ぎません。慈善活動は殺人の建前であり、家族はトリニティにおびえながら暮らしています。

 

 デクスターは最初こそトリニティの擬態技術を真似したいと思っていましたが、彼の家族と出会ってからは、一転して早く殺してやろうと思い始めます。これまでも、デクスターと似た者は何人か出てきたのですが、彼らはいずれも、どこか決定的な点でデクスターと異なっていたため、最終的には彼に殺されることになりました。トリニティの場合、それは家族に対する愛です。

 

 トリニティは、あくまでも隠れ蓑としてのみ家族を利用し、そこに愛はありませんでした。デクスターも、最初は隠れ蓑としてリタと付き合い始めました。それでも、一緒にいる内に、リタと子供たちに対して本物の愛情が湧いてきます。やがては、家族を本気で守りたいと思うようにもなります。CMじゃないですけど「そこに愛はあるんか?」が2人の大きな違いだったのです。このように、デクスターが徐々に人間性を獲得していく様子が見られるのが、このドラマの醍醐味です。

 

まとめ

 シーズン1の最初では、人の感情など何も持っていないと語っていたデクスターでしたが、シーズン4では妻と子供を愛する家庭人になっています。しかし、家庭人だからといって、シリアルキラーではないとは限りません。家庭を持つシリアルキラーとして、同じく家庭持ちの(しかし愛情はない)トリニティと対決する展開は、とても興味深かったです。

 

 そこからの、最終話の最後のシーン。衝撃が凄い!ヒョーーー!!!『ゲーム・オブ・スローンズ』超えの衝撃展開です。ここで、死んでしまうのか!デクスターは、やっと安定した家庭を築けたのに、ここで全てが崩壊してしまいます。どうする!?

 

psbr.hatenablog.com