海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

今、風刺ドラマが面白い!腐った世の中を笑い飛ばせ!

f:id:presbr:20210523011210j:plain

 今、風刺ドラマが熱い。以前はあまり見ることができなかった、既存の政治やエンタメ業界を痛烈に皮肉るドラマが、現代では作られるようになっています。腐りきった世の中を笑い飛ばせ!

 

 

 

政治風刺ドラマの金字塔『VEEP/ヴィープ』

f:id:presbr:20200609172416j:plain

 風刺ドラマを語るなら、これを外すわけにはいきません。アメリカ初の女性副大統領の奮闘劇を描いたHBOドラマ『VEEP/ヴィープ』は、エミー賞3年連続受賞している、まさに風刺ドラマの金字塔。

 

 政治の話ではあるのですが、基本的には深いことを考えずにめちゃくちゃ笑えます。政治が腐っているのはアメリカでも日本でも同じなので、ときたま繰り出される痛烈な風刺には、日本人にもクリティカルヒットすること間違いなし。

 

U-Nextで全7シーズン配信中

関連記事:海外ドラマ『VEEP/ヴィープ』感想~これがセリーナ式ドタバタ政治だ!~ - 海外ドラマパンチ

 

IT業界をAmazonが皮肉る『アップロード~デジタルなあの世へようこそ~』

f:id:presbr:20200614155808j:plain

 死後にデジタルの世界にアップロードされる世界を描いたAmazon製作のコメディ。「何でも5つ星評価をする」「死後も課金が必要」など、現実社会のITあるあるネタがたくさん。そんなドラマを世界最大級のIT企業であるAmazonが作っているというのも皮肉が効いています。

 

Amazonプライムビデオでシーズン1が配信中。シーズン2の製作も決定。

関連記事:Amazonドラマ『アップロード~デジタルなあの世へようこそ~』~アマゾンだからできる笑い~ - 海外ドラマパンチ

 

現実は遥かに酷かった『ロンドン2012 オリンピック準備委員会大作戦の巻』

f:id:presbr:20210523010644j:plain

 はたして東京五輪が開催されるのかはわかりませんが、準備は何年も前からやっていました。国立競技場設計案やロゴについて、毎度毎度ドタバタやっていましたよね。イギリスの『ロンドン2012』は、2012年のロンドン五輪へ向けての準備委員会のドタバタを描きます。現実のドタバタを見ていると、なぜかドラマの方がずっと大人しく見えてしまうのですが……。

 

HuluとU-Nextで全2シーズンが配信中。

 

金あるところに心なし『メディア王~華麗なる一族~』

f:id:presbr:20200714092517j:plain

 エミー賞&ゴールデングローブ賞をW受賞した今一番熱いHBOドラマ『メディア王』も風刺ドラマの一本。金持ち一家の跡取り争いを描いた話なのですが、彼らは全員どこかこじらせています。徹底的に金持ちたちを皮肉る展開には、笑いが止まらなくなります。

 

U-Nextでシーズン1,2が配信中。シーズン3はアメリカで今年冬に公開予定。

海外ドラマ『メディア王~華麗なる一族~』のここが凄い!その魅力を徹底解剖 - 海外ドラマパンチ

 

宗教批判だって怖くない『プリ―チャー』

f:id:presbr:20210109162313j:plain

 田舎の教会の牧師が未知の力を手に入れることから始まるドラマ『プリ―チャー』。天使やヴァンパイアがひょんと出てくる世界観はシュールだけどクセになります。神が逃亡したり天使が怪しげなビジネスを始めるなど、キリスト教を痛烈に風刺する展開もたくさん。日本の場合は、あまりキリスト教に馴染みがない場合が多いので、ややわかりにくいかもしれませんが、強烈なビジュアルと世界観はハマれば病みつき。

 

Amazonプライムビデオで全4シーズン配信中。

 

エンタメ界だって腐っている『ザ・ボーイズ』

f:id:presbr:20200328131827j:plain

 昨今のアメリカ映画・ドラマ界ではスーパーヒーローものが雨後の筍のように作られていますが、本当はスーパーパワーを持っていても良いことに使うとは限らないですよね。企業によって管理され腐りきったスーパーヒーローたちと、彼らに立ち向かう一般人軍団をメインに話は進みます。

 

 ゴア描写が凄まじいのですが、ドラマを観進めていくうちに、凄まじければ凄まじいほど笑えるようになってきます。おかしいですよね。でも、本当なんです。シーズン2では、政治風刺やエンタメ界風刺の要素が強くなり、風刺ドラマとしての面白さが増していきます。

 

Amazonプライムビデオでシーズン1,2が配信中。シーズン3は現在製作中。

ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン2ネタバレ感想~フハハハハ~ - 海外ドラマパンチ

 

 

 

まとめ

 風刺はブラックジョークにも近いので、イギリスの人が作っていると特に面白い。ここで紹介したイギリスドラマは『ロンドン2012』だけですが、『VEEP/ヴィープ』と『メディア王』を製作しているのはイギリス人です。いずれも批評面でも高い評価を得ています。

 

 とはいえ、風刺の本質は笑い。ここで紹介した6本はいずれも確実に笑えるものばかりです。現実に鋭く切り込んで、どうしても笑わずにはいられない風刺ドラマ。おすすめです。

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com