海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

人気海外ドラマといえばCBS。『クリミナル・マインド』『CSI』『NCIS』を生み出してきたCBSとは何者か?

CBS logo

 

 こんにちは。皆さんは、海外ドラマを観るときに放送局を気にしていますか?放送局を知れば、さらに楽しくなるはず。ということで、今回は大人気ドラマを数多く世に生み出してきたCBSに注目!

 

 

 

 

CBSとは?

 CBSは、ABC、NBCとともにアメリカ三大ネットワークの一つを担っているアメリカのテレビ局です。日本で言うところの、日本テレビテレビ朝日などといった在京キー局の一つに近いです。

 

 CBSは、日本のテレビ局と同じく、報道番組やトークショーなどの放送を行っています。トークショーの中では、ジェームズ・コーデンがホストを務める「The Late Late Show with James Corden」が有名です。無人島などでサバイバルを行う番組「SURVIVOR」も、既に20年以上続いている人気番組となっています。

 

CBSドラマまとめ

現在放送中

『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』

『NCIS:LA~極秘潜入捜査班』

『NCIS:ニューオーリンズ

『HAWAII FIVE-0』

『ブルーブラッド~NYPD家族の絆~』

『BULL/法廷を操る男』

『MACGYVER/マクガイバー

『SEAL Team/シール・チーム』

S.W.A.T.

『Magnum P.I.』(『私立探偵マグナム』のリブート)

『FBI』

『グッド・ファイト』

『ヤング・シェルドン』(『ビッグ・バン・セオリー』のスピンオフ)

 

 『NCIS』シリーズと『ヤング・シェルドン』は、現在放送中のドラマの中で圧倒的な視聴率を誇っています。他局では、NBCの『シカゴ・ファイア』『シカゴ・メッド』『シカゴ P.D.』のシカゴ・シリーズが追いかけるものの、CBSの壁は崩せていません。『HAWAII FIVE-0』や『ブルーブラッド』なども、『NCIS』シリーズに劣らず人気があります。

 

2000年以前

ヒッチコック劇場

『ローハイド』

トワイライト・ゾーン

スパイ大作戦

刑事コジャック

『マッシュ』

ワンダーウーマン

超人ハルク

『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ

ジェシカおばさんの事件簿

『HEY!レイモンド』

『シカゴ・ホープ

『犯罪捜査班ネイビーファイル』

 

 CBSは、過去にはアルフレッド・ヒッチコックストーリーテラーを務めたミステリードラマ『ヒッチコック劇場』や、映画『ミッション・インポッシブル』シリーズの元になった『スパイ大作戦』の放送もしていました。

 

 また、70年代後半からは『ワンダーウーマン』や『超人ハルク』などのアメコミドラマも放送していました。ただ、これらの作品の評価はいずれもさほど高かったわけではなく、あまり長くは続いていません。

 

 『ジェシカおばさんの事件簿』は、ミステリー作家のジェシカおばさんが出会う事件を解決していく推理ドラマです。アメリカだけでなく日本でも人気を集め、全12シーズンが制作されました。1997年には、『NCIS』シリーズの元になった『犯罪捜査班ネイビーファイル』の放送が始まります。

 

2000年代

CSI:科学捜査班

CSI:マイアミ

CSI: NY』

チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』

コールドケース 迷宮事件簿』

『NUMBERS/ナンバーズ』

『クリミナル・マインド』

『メンタリスト』

『ザ・ユニット 米軍極秘部隊』

『グッド・ワイフ』

『ビッグバン・セオリー』

 

 2000年代に入ると、CBSは続々と人気ドラマを生み出していきます。2000年に放送が開始されたのが、いまや刑事ドラマの鉄板となっている『CSI:科学捜査班』。この後、15年間に渡り放送されました。海外ドラマの定番でもある『クリミナル・マインド』を放送していたのも、CBS。さらに、名作ドラマとして名高い『コールドケース 迷宮事件簿』『メンタリスト』などの放送も始まります。

 

 2007年からは、全米で最も人気のあるコメディドラマ『ビッグ・バン・セオリー』が始まります。これまではあまり光を浴びることになかった、オタクで物理学者の4人を主人公にしたこのドラマは、アメリカで大ヒットを記録しました。

 

2010年代

アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』

『パーソン・オブ・インタレスト』

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』

アンダー・ザ・ドーム

『マダム・セクレタリー』

スコーピオン』

リミットレス

『コード・ブラック』

『SUPERGIRL/スーパーガール』(シーズン1のみ)

 

 2010年代に入ると、製作総指揮をJ.J.エイブラムスとジョナサン・ノーランンが務める『パーソン・オブ・インタレスト』や、舞台を現代のNYの移して名探偵シャーロック・ホームズの活躍を描いた『エレメンタリー』などの放送が始まります。

 

 DCドラマを同一の世界観として扱う「アロー・バース」の作品は、基本的にはThe CWで放送されているのですが、『SUPERGIRL/スーパーガール』のシーズン1のみはCBSで放送されました(シーズン2からはThe CW)。

 

www.youtube.com

 こちらは1986~2019年の各時期の人気ドラマトップ10を示した動画です。2000年以前は『ジェシカおばさんの事件簿(原題:Mureder She Wrote)』が入っているぐらいですが、『CSI』以降は続々とCBSドラマがランクインしていきます。2000年以降は、常にトップ10のうち約半数がCBSドラマとなっています。

 

 余談ですが、日本では人気がある印象の『GOTHAM/ゴッサム』などのDCドラマや、『エージェント・オブ・シールド』などのMarvelドラマが一本も入っていないのがちょっと驚き。それにしても、HBOの『ゲーム・オブ・スローンズ』は、えげつない人気がありますね。

 

CBSドラマの特長

 CBSの特長として、刑事ドラマやミステリードラマに強いことが挙げられるでしょう。刑事ドラマでは、『刑事コジャック』に始まり、『CSI』や『NCIS』シリーズなど時代を代表するドラマを次々と生み出しています。ミステリー要素を重視した、『ジェシカおばさんの事件簿』『コールドケース』『メンタリスト』『エレメンタリー』など質の高い作品も多く放送してきました。

 

 また、スピンオフ作品が多いのも特徴で、『CSI』と『NCIS』のみならず、『クリミナル・マインド』のスピンオフ『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』『クリミナル・マインド 国際捜査班』、『グッド・ワイフ』のスピンオフ『グッド・ファイト』も制作しています。一度CBSのドラマにはまった人は、抜け出せないような作りになっているのですね。

 

 CBSドラマの中には、それぞれのドラマの枠を超えたクロスオーバーが行われるエピソードもあります。『CSI』や『NCIS』各シリーズ内でのクロスオーバーはもちろんですが、それ以外にも『MACGYVER/マクガイバー』シーズン1第18話で『HAWAII FIVE-0』とクロスオーバーしたり、『スコーピオン』シーズン1第6話に『NCIS: LA』のヘティが登場したりします。

 

 

 

おすすめCBSドラマ

『メンタリスト』

 主人公は、元詐欺師のパトリック・ジェーンです。ジェーンは、その人間観察力を買われ、カリフォルニア捜査局(CBI)の殺人捜査に協力することになります。ストーリーは、基本的に一話完結型の刑事ドラマです。

 

 見所の一つが、パトリック・ジェーンの破天荒な事件捜査です。ジェーンは、その観察力で犯人を見た瞬間に大体わかってしまうので、あとは犯人にボロを出させるというのが主な事件解決方法になります。そのボロを出させる方法が毎回面白いのです。

 

 もう一つの見所が、ジェーンの人柄。とにかく笑顔がチャーミングなんです。ジェーンは、殺人現場で紅茶を入れるような人で、その余裕がこのドラマをより楽しいものにしています。ジェーンと捜査官のリズボンの掛け合いや、捜査官のチョーとリグスビーのコンビにも注目です。

 

『ビッグバン・セオリー』

 全米No.1の人気を誇るシットコム(シチュエーションコメディ)です。冴えないオタク物理学者とブロンド美女という、本来ならば出会うことのない人々の日常を描いています。筆者自身が物理学科というのもあって、個人的な思い入れもあるドラマです。

 

 『ビッグバン・セオリー』の一番の魅力は、全くブレることのない変人シェルドン・クーパーでしょう。何事につけて我流を通したがるので、最初は嫌な奴だなぁとも思うのですが、不思議なことに徐々にシェルドンが可愛く見えてきます。

 

 それにしても、アメリカでなぜこのドラマがヒットしたのか、個人的にはずっと疑問なんですよね。もちろんめちゃくちゃ面白いのですが、オタクや知識人をあまり快く思わない傾向のあるアメリカで、登場人物のほとんどがオタクで博士号を持っている『ビッグバン・セオリー』がウケたのは意外。そんな偏見を振り切るぐらいに、この『ビッグバン・セオリー』は面白いということですね。

psbr.hatenablog.com

 

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』

 現代のNYを舞台に、コナン・ドイルが生みだした世界一有名な探偵を主人公にしたミステリードラマです。舞台が変わっただけでなく、ホームズは薬物中毒でワトソンは女性になっています。

 

 正直、ホームズ・ファンの自分はこのドラマを観るのに気が進みませんでした。そんなに設定を変えたら、もうホームズじゃないんじゃないかと。でも、実際に観て見ると、そこにはちゃんとホームズらしい天才で変人な探偵がいて、そんな探偵をサポートする助手がいました。ミステリー要素も充実していて、ホームズ・ファンでもそうでなくても楽しめる内容でした。

 

スコーピオン』

 合計IQ700の天才集団4人が国家の危機に立ち向かう話です。IQを合計するな!と自分はいつも思っているのですが、つまりは頭が良いのです。主人公のウォルター・オブライエンは、IQが197で子供の頃にNASAをハッキングした天才なのですが、一応実在のモデルがいます(本当に天才かどうかは置いといて)。

 

 『スコーピオン』の魅力は、毎回洒落にならないレベルの国家の危機に立ち向かっているところです。ミサイルが飛ばされたり原子炉がメルトダウンするのを阻止しています。他のドラマにはない大胆な展開が見られるのが特長です。

 

 また、天才集団、すなわち変人集団4人だけではこのチームは成り立たないので、ペイジという普通の人がアシスタントのような立場で参加しています。そのあたりの掛け合いも見所の一つになっています。

 

 ↓これもおすすめCBSドラマ

psbr.hatenablog.com

 

まとめ

 近年、大人気海外ドラマを続々と生み出しているCBSを特集しました。ここに挙げた作品は、どれも海外ドラマファンの方なら耳にしたことがあるタイトルばかりだったのではないでしょうか。今後のCBSにも要注目です。