海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

史上最高の海外ドラマエピソードベスト15

 ドラマは、複数のエピソード、複数の物語が積み重なることで、一つの大きな物語を紡いでいきます。そのため、ドラマ全体を通した印象や評価を持つことが多いですが、実際には一つ一つのエピソードの面白さも非常に重要な要素です。ここでは、これまでに観てきた海外ドラマの中から、忘れられない傑作エピソード15話をチョイスし、ランキング形式で紹介していきます。

 

 各エピソードの紹介では、明らかなネタバレはしていませんが、ほのめかし程度のネタバレになる可能性はあるので、気になる人は気を付けてください。また、この記事ではシーズンをS、エピソードをEと略記しています。すなわち、シーズン1第1話はS1E1です。それでは、史上最高の海外ドラマエピソード第15位から紹介します。

 

 

第15位『コブラ会』S2E10「情け無用」

f:id:presbr:20210909165704j:plain

 映画『ベスト・キッド』の34年後の続編であり、主人公の子供たちの青春ドラマでもあるドラマ『コブラ会』。このドラマの一番の見どころは、なんといっても空手バトル。シーズン2最終話では、高校生たちが2つのグループに分かれ、学校を舞台に壮大な空手バトルが繰り広げられます。まさしく「情け無用(No Mercy)」の戦いは圧巻。

配信:Netflix

関連記事 ドラマ『コブラ会』がベタなのに新感覚で面白い! - 海外ドラマパンチ

 

第14位『ブラック・ミラー』S4E1「宇宙船カリスター号」

f:id:presbr:20220130234914j:plain

 SFアンソロジーシリーズ『ブラック・ミラー』のエピソードはいずれもユニークで面白いものばかりですが、ここでは「宇宙船カリスター号」を選びました。VRゲーム開発会社で働く男が、密かに同僚たちのDNAから意識を持ったアバターを作り出し、個人的に家でもてあそんでいる話です。VRゲームは『スター・トレック』をパロディしたもので、これがなんとも笑えます。一方で、主人公の男のグロテスクな欲望が至るところから見受けられ、ゾッとせずにはいられません。

配信:Netflix

 

第13位『アトランタ』S2E6「テディ・パーキンス」

 若手ラッパーの物語を基本としながらも、エピソードごとにジャンルも形式も超えていく挑戦的ドラマ『アトランタ』。シーズン2第6話には、マイケル・ジャクソンを思わせる謎の男性「テディ・パーキンス」が登場します。ただピアノを取りに行くだけの話だったはずなのに、ひたすら不気味でシュール。見終わる頃にはすっかり背筋が凍り付いてしまいます。

配信:Netflix, Disney+

 

第12位『バリー』S1E7「第7章:最後まで演じ続けろ」

f:id:presbr:20220130234215j:plain

 元海兵隊員、今は殺し屋、最近は役者になりたくて仕方がない男が主人公のダークコメディ『バリー』の醍醐味は、第7話にすべて体現されています。バリーの一流殺し屋としての面と、素人役者としての面が、このエピソードでは激しく衝突します。ハードなアクションで幕を開け、殺し屋バリーがついにその本性を見せ、ついに彼の苦悩がピークを迎える30分は、このドラマの真骨頂です。

配信:U-Next

関連記事 HBOドラマ『BARRY/バリー』シーズン1~殺し屋が俳優に!?~ - 海外ドラマパンチ

 

第11位『9から始まる奇妙な物語』S1E2「ある静かな夜に」

f:id:presbr:20220124202503p:plain

 一話完結のブラックコメディ&ホラーアンソロジー『9から始まる奇妙な物語』第2話は、夜中に強盗をしようとする2人組の話です。ただし、台詞は一切なし。誰もしゃべりません。サイレント映画時代のコメディを想起させながらも、オリジナルのスリルとブラックな笑いを開拓。台詞をなくして情報量を絞ったことで、面白さは凝縮されています。

配信:Amazon, Hulu

関連記事 海外ドラマ『9から始まる奇妙な物語』シーズン1全話ネタバレ感想 - 海外ドラマパンチ

 

第10位『エクスパンス~巨獣めざめる~』S2E5「望郷」

f:id:presbr:20220130235206j:plain

 近未来の太陽系を舞台にしたSFドラマ『エクスパンス』は、シーズン2の中盤で一つのピークを迎えます。バラバラだった登場人物たちの運命はここで一つに集約され、壮絶な展開を迎えます。とてつもなく美しくパワフルな映像とエモーショナルな物語により、SF史に残る傑作エピソードになっています。

配信:Amazon

関連記事 ついに現れた本格SFドラマ『エクスパンス~巨獣めざめる~』シーズン1 - 海外ドラマパンチ

 

第9位『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』S3E5「ランタイムエラー」

f:id:presbr:20220130235013j:plain

 これは驚異のエピソードです。45分間ワンカット、一度も映像が途切れません。長回しを使うと、しばしばテンポが悪くて退屈になってしまうことがあるのですが、このエピソードに関しては全くそんなことがありません。猛烈にスリリングで、手に汗握る展開が続きます。大胆不敵なワンカットに一瞬たりとも目が離せません。

配信:Netflix

関連記事 海外ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』ネタバレ感想 - 海外ドラマパンチ

 

第8位『ドクター・フー』S9E11「影に捕らわれて」

f:id:presbr:20211025152150j:plain

 イギリスの長寿SFドラマ『ドクター・フー』は、SF玉手箱と言いたくなるような様々なアイデアとキャラクターにあふれています。主人公のドクターを演じる俳優は定期的に代替わりし、それに従ってドラマの作風も変わっていくのですが、中でも12代目のピーター・カパルディがドクターを演じたシリーズ9は神回ばかり。第11話では、ドクターは前話での衝撃的な出来事を引きづりながら、実質ほぼ一人で壮大な困難に立ち向かいます。SF的アイデアに優れたプロットと、ドクターというキャラクターの内面をこれまでにないほど深く追究したこのエピソードは、長い『ドクター・フー』の歴史の中でもひときわ光る存在です。

配信:Hulu

関連記事 『ドクター・フー』が世界で最も面白いSFになれる理由 - 海外ドラマパンチ

 

第7位『ベター・コール・ソウル』S3E5「まやかし」

f:id:presbr:20220130234826j:plain

 弁護士ジミー・マッギルとその兄チャックの確執をメインに描いてきたシーズン1~3の山場のエピソードです。ジミーとチャックは、ついに法廷で争うことになります。ここで兄弟の複雑な思いが交錯するのですが、とてもジミーらしいある小細工によって、裁判は劇的な結末を迎えます。主演のボブ・オデンカークとマイケル・マッキーンの演技はいつだって素晴らしいのですが、この回は格別です。

配信:Netflix

 

第6位『THE WIRE/ザ・ワイヤー』S3E11「落としどころ」

f:id:presbr:20220124215415j:plain

 犯罪都市ボルティモアを舞台に、麻薬組織と警察の攻防を描く『THE WIRE/ザ・ワイヤー』には、たくさんの魅力的な登場人物が出てきます。中でもイドリス・エルバ演じるストリンガー・ベルは、組織のボスの右腕として重宝されながら、強い野心も持った人物です。ストリンガーとボスのエイヴォンは、かつて組織の下っ端だった頃からの仲間であり、ついに頂点まで上り詰めました。そこから見える景色は、その後の運命を2人ともわかっているがゆえに、なおさらはかなくも美しい。

配信:U-Next

関連記事 なぜ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』は史上最高のテレビドラマと言われるのか? - 海外ドラマパンチ

 

第5位『神話クエスト』S1E5「ダーク・クワイエット・デス」

f:id:presbr:20211213102701j:plain

 ゲーム開発会社を舞台にしたコメディドラマ『神話クエスト』の第5話は、ちょっと特殊です。ドラマの本筋とは関係のない、ひと昔前のゲーム開発の軌跡が描かれます。と同時に、ゲームをきっかけに出会った2人の男女の物語でもあります。ちょっと笑えて、ちょっと切なく、爽やかな後味を残す見事な35分です。

配信:Apple TV+

関連記事 Apple TV+のドラマ『神話クエスト』の神回を観てほしい - 海外ドラマパンチ

 

第4位『ブレイキング・バッド』S4E13「フェイス・オフ」

f:id:presbr:20220130234137j:plain

 さえない化学教師だったときの顔はどこへやら。この頃にはもうすっかりウォルター・ホワイトの悪人っぷりは身に染み付いています。シーズン4後半は、チキン屋のオーナーのガス・フリングとの対決がメインになっています。裏の裏をかく頭脳戦は緊張感MAX。最後にささやかに明かされる真実は衝撃的です。

配信:Netflix

関連記事 海外ドラマ『ブレイキング・バッド』感想~私の名はハイゼンベルク~ - 海外ドラマパンチ

 

第3位『マッドメン』S4E7「スーツケース」

f:id:presbr:20220124202515j:plain

 『マッドメン』の面白さを言語化するのにはいつも苦労するのですが、あえて言うならば、その一つは人間関係の面白さです。1960年代の広告会社で働く人々に焦点が当てられ、特別な事件は何も起こらないのに、その間の人間関係が面白くてたまらないのです。特に、主人公のドン・ドレイパーと元秘書のペギー・オルセンの関係は秀逸。そこにあるのは恋愛関係ではないし、師弟関係みたいだけどそんなに繋がりは強くないし、互いにエゴが強いから反発し合うし、でもどこか通じ合うところがあります。この2人の複雑な関係性に焦点を当てたS4E7「スーツケース」は絶品です。

配信:Amazon

関連記事 60年代が脈動する海外ドラマ『マッドメン』の面白さとは? - 海外ドラマパンチ

 

第2位『ゲーム・オブ・スローンズ』S6E9「落とし子の戦い」

f:id:presbr:20210909165543j:plain

 予測不能の展開、政治劇、家族ドラマなどなど、様々な側面のある『ゲーム・オブ・スローンズ』ですが、その一番の見どころの一つは迫力のアクション。特に「落とし子の戦い」で描かれたラムジー・ボルトンvsジョン・スノウの決戦は、これまで作られてきたの数多のハリウッド映画を超えています。画面からでも伝わってくる熱量が凄まじい。戦いの展開やカメラワークは完璧、エピソード最後の粛清も気持ちよく、シリーズ中でも最も完成度の高いエピソードに仕上がっています。

配信:Amazon

関連記事 HBO『ゲーム・オブ・スローンズ』感想~史上最強のエンターテインメント~ - 海外ドラマパンチ

 

第1位『シックス・フィート・アンダー』S5E12「未来」

f:id:presbr:20220124202511j:plain

 『シックス・フィート・アンダー』のフィナーレほど素晴らしい映像作品が、はたしてこの世にあるのでしょうか。衝撃的な展開ではありながらも、それは誰しもが必ず経験すること。葬儀屋のドラマらしいフィナーレであり、ドラマの総括としても、単体のエピソードとして取り出してみても完璧です。見終わってからは完全に圧倒されてしまって、しばらく涙が止まりませんでした。大傑作。

配信:Amazon(有料)

関連記事 ドラマ『シックス・フィート・アンダー』史上最高の最終回を語る - 海外ドラマパンチ

 

まとめ

 言う間でもないことですが、これは私個人が独断で作ったランキングです。『ブレイキング・バッド』ならS5E14「オジマンディアス」、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』ならS4E7「プロキシ認証が必要」、『バリー』ならS2E7「ロニー&リリー」あたりの方が一般的には評判が良かったりはするんですが、ここはあえて自分のチョイスで選んでみました。

 

 ここで紹介した作品はいずれもおすすめできるものであり、どこかしらの動画配信サービスでは配信されているので、気になるものがあったらぜひ観てみてください。

 

psbr.hatenablog.com