海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

『バビロン・ベルリン』シーズン1ネタバレあらすじ【復習用】

f:id:presbr:20201017001259j:plain

 ドイツ製作のドラマ『バビロン・ベルリン』が面白い!でも、難しい!登場人物が多く、話の展開も複雑です。今回は、 シーズン1全8話のネタバレあらすじとキーワード解説をしていきます。あらすじは、ざっくりしか書いていないのですが、シーズン2の前の復習などにお役立て頂けると幸いです。

 

 なお、私はシーズン2まで観終わっているのですが、この記事にはシーズン2のネタバレは含まないようにしました。シーズン1を観ていれば、大丈夫です。

 

↓ネタバレなしのシーズン1感想はこちら

『バビロン・ベルリン』シーズン1感想~怪しさと華やかさが織りなす世界へ~ - 海外ドラマパンチ

 

『バビロン・ベルリン』シーズン1ネタバレあらすじ

 ケルンからベルリン警察の風紀課にやってきた刑事のゲレオン・ラート。彼は、第一次世界大戦の影響でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っており、定期的に薬を呑む必要があった。

 

 ゲレオンがベルリンにやってきたのは、ある重要人物のスキャンダル写真を回収するためだった。ゲレオンの上司であるブルーノ・ヴォルター上級警部は、そのことを知らず、ゲレオンが何をしているのか探り出そうとしていた。

 

 貧しい家庭で暮らすシャルロッテ・リッターは、昼は警察の手伝いとして、夜は娼婦として働いていた。ゲレオンと偶然知り合うことになったシャルロッテだが、ヴォルターに弱みを握られ、ゲレオンを探るためのスパイとして利用される。

 

 アレクセイ・カルダコフ率いる秘密組織「赤の砦」のトロツキストたちは、ロシアから輸送されるソロキン家の黄金を横取りしようとしていた。しかし、隠れ家を襲撃されたことにより、多くのメンバーが殺される。赤の砦のメンバーであるスウェトラーナ・ソロキナは、男装をして歌手としても活動している。

 

 5月1日、労働者たちが大規模なデモを起こす。デモを鎮圧しようとした警察は、民間人を射殺してしまう。このことを正当化するために、子供の誤射によって怪我を負っただけの警官を、デモによって怪我をしたとして祭り上げる。それでも、警察への風当たりはどんどん強くなっていた。

 

 シャルロッテは、疎開時に知り合ったグレータ・オーヴァーベックと出会う。ロッテは、職がなかったグレータに、行政長官のベンダの家での職を紹介する。グレータは安定した職に就くことができ、フリッツという彼氏も出来た。

 

 黄金の輸送には、大企業を経営するアルフレッド・ニッセンが関わっていた。ニッセンは、積み荷を殺虫剤だと偽っていた。しかし、実際に積み荷を調べたところ、猛毒のガスが積み込まれていた。

 

 ゲレオンとヴォルターは、刑務所にいたクライエフスキーを引っ張り出して、フィルムの在り処を白状させる。なんとかフィルムを取り返した2人がフィルムの内容を確認したところ、有名政治家のスキャンダラスな場面が数多く映っていた。2人は、フィルムを燃やして処分した。

 

 ゲレオンは、戦争のときに兄のアンノーを助けられなかった経験がある。また、それ以前からアンノーの妻であるヘルガと親しい関係にあった。アンノーとヘルガの間には、モーリツという息子がいる。

 

 

 

キーワード解説

フィルム

 そもそもゲレオンがケルンからベルリンにやってきた目的。政治家がスキャンダルを怖れて、回収・処分を命じたものと思われる。シーズン1だけで完結するので、とりあえず忘れても大丈夫。

 

赤の砦

 トロツキストの集団。。リーダーは、ヴァイオリニストとしても活動するカルダコフ。今は、ロシアから輸送されてきたソロキン家の黄金を横取りすることを目的としている。そのため、スウェタが列車番号を入れ替えたり、貨物の行先を変更しようとしたりした。

 

黒い国防軍

 有力者が多く参加する秘密組織。ドイツの民主主義を崩壊させることを目的としている。メンバーのアルフレッド・ニッセンが手配して、ソロキン家の黄金をドイツに輸送させた。他にも多くの人物が組織に参加しているが、シーズン1でどこまで明かされていたか覚えていないので、ネタバレ防止のため、ここには書かない。

 

共産主義者

 5月1日の労働者デモを主導した人たち。民間人狙撃事件のこともあり、警察を目の敵にしている。グレータの彼氏のフリッツも、その一人。

 

リッター家

 シャルロッテ・リッターの家には、たくさんの人が住んでいる。ロッテの母親がミンナ、姉がイルザ、その夫がエリッヒ、ロッテの妹がトニ。祖父のオパも住んでいる。特にエリッヒは、自分で仕事をしようとしないクズ。

 

シュテファン・イエニケ

 ヴォルターの部下。両親が耳が不自由であるため、手話や読唇術ができる。ヴォルターの机を探って、インクをこぼしていた。

 

まとめ

 シーズン1を観て、話がよくわからなかったという人も、全然大丈夫です。自分も、一回観ただけでは全然わからなかったので。シーズン2になれば、もう少し話がわかるようになってきます。シーズン1の内容の中でも、キーワード解説のところで書いたことは重要になってくるので、ここだけ押さえておけばなんとかなると思います。

 

 『バビロン・ベルリン』は、2021年3月時点で、Huluでシーズン3まで配信されています。シーズン4の製作も決まっているので、まだまだ楽しみは続きそうです。

 

 灰は灰に、塵は塵に……

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com