海外ドラマパンチ

海外ドラマ最新情報・紹介・感想

2022年上半期の新作海外ドラマ期待作10選

f:id:presbr:20211223220545j:plain

 あけましておめでとうございます。ドラマ『人類』シーズン2022が始まりました。今回も、無事にシーズンが更新されて良かったです。シーズン2020と2021は、世界的なパンデミックの影響により、一時は打ち切りがささやかれていたものの、なんとか持ちこたえることができました。シーズン2022が、皆さんにとってより良いものになることをお祈り申し上げます。

 

 さて、海外ドラマ界にとっては、2022年がより良い年となることは、すでに確約されたようなものです。コロナ禍により制作がストップしていた現場は、2021年から完全復帰しています。それらが、2022年に完成し、ついに待ちに待った新作が日の目を観ます。この記事では、2022年上半期に公開予定の新作海外ドラマ10本を紹介します。なお、公開日は製作国の基準なので、日本で公開されるか未定のものもあります。

 

 

『Around the World in 80 Days』BBC One

www.youtube.com

 ジュール・ヴェルヌの名作冒険小説『80日間世界一周』をドラマ化。主演は、『ドクター・フー』の10代目ドクター役や『グッド・オーメンズ』の悪魔役でお馴染みのデイヴィッド・テナント。英BBCで、2021年12月26日から放送開始。すでにシーズン2の製作が決定している。

 

『ピースメイカー』HBO Max

www.youtube.com

 2021年の映画『ザ・スーサイド・スクワッド』に登場したピースメイカーのその後が描かれる。映画と同じく、今回のドラマ版でもジェームズ・ガンが監督と脚本を務める。2022年1月13日から米HBO Maxで配信開始。

 

『How I Met Your Father』Hulu

www.youtube.com

 2005~2014年に9シーズンに渡って人気を博したシットコム『ママと恋に落ちるまで』のスピンオフ。ヒラリー・ダフ主演。内容や主要登場人物については、本家ドラマとの直接の関連はない。米Huluで1月18日から配信開始。

 

『The Gilded Age』HBO

www.youtube.com

 金ぴか時代(Gilded Age)と呼ばれた1880年代のアメリカを舞台とする歴史ドラマ。『ダウントン・アビー』のジュリアン・フェロウズが脚本を手掛ける。主演は『グッド・ファイト』のクリスティーン・バランスキー。米HBOで1月24日から放送開始。

 

『Pam & Tommy』Hulu

www.youtube.com

 サバスチャン・スタンがヘヴィメタルバンド「モトリー・クルー」のトミー・リーに扮し、リリー・ジェームズが当時の恋人でモデルのパメラ・アンダーソンを演じる。映画『アイ、トーニャ』のクレイグ・ガレスピーが監督を務める。米Huluで2022年2月2日より配信開始。日本での配信は未定。

 

『Magpie Murders』PBS

 2016年にイギリスのアンソニー・ホロヴィッツが刊行し、日本でも「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」など各種ミステリーランキングで1位を独占した話題の推理小説『カササギ殺人事件』を、作者自身の脚本によりドラマ化。ホロヴィッツは、元々『刑事フォイル』などでテレビドラマの脚本を手掛けていたため、今回のドラマ化にも期待大。米PBSで2022年2月10日より放送開始。

関連記事:小説『カササギ殺人事件』感想~贅沢で香り高い名作~ - 海外ドラマパンチ

 

『令嬢アンナの真実』Netflix

www.youtube.com

 原題はInventing Anna。ニューヨークで富豪たちを次々と騙した、若き詐欺師アンナ・デルヴェイの実話に基づくリミテッドシリーズ。主演は『オザークへようこそ』のジュリア・ガーナー。2022年2月11日にNetflixで世界同時公開。

感想記事 Netflixドラマ『令嬢アンナの真実』ネタバレ感想|真の悪者はだれ? - 海外ドラマパンチ

 

『ヴァイキング~ヴァルハラ~』Netflix

www.youtube.com

 2020年に終了したドラマ『ヴァイキング~海の覇者たち~』のスピンオフ。本編の100年後が舞台になるNetflixオリジナルドラマ。2022年2月25日にNetflixで世界同時公開。

 

『Super Pumped: The Battle For Uber』Showtime

www.youtube.com

 ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが、Uberの創業者トラビス・カラニックを演じる。ドラマ『ビリオンズ』を手掛けているブライアン・コッペルマンとデヴィッド・レヴィンが制作。各シーズンが独立したアンソロジーシリーズとして、シーズン2以降が制作される可能性がある。米Showtimeで2022年2月27日より放送開始。

関連記事:金融海外ドラマ『ビリオンズ』の魅力とは?その面白さの秘訣を探る - 海外ドラマパンチ

 

『Halo』Paramount+

www.youtube.com

 Xboxの人気ゲームHALO(ヘイロー)シリーズを実写ドラマ化。『ザ・ラストシップ』のスティーヴン・ケインが脚本を手掛ける。日本では、U-Nextで独占配信予定。

 

待ちに待ったドラマが帰ってくる!

 世界的なパンデミックにより、ドラマの撮影が長らく中止されていましたが、多くのところでは昨年から撮影再開されています。そして、2022年に入り、待ちに待ったドラマが一気に復活します。冗談ではなく、本当に現在進行中のほぼすべてのドラマの新シーズンが見られると思います。

 

 ここでは、その中でも、2022年にファイナルシーズンが放送予定のものをいくつか並べておきます。まだ観たことがなくても、今から観れば間に合うかも!

 

2022年ファイナルシーズン放送予定

『ウォーキング・デッド』シーズン11(3部構成)

『THIS IS US』シーズン6

『オザークへようこそ』シーズン4(2部構成)

『ピーキー・ブラインダーズ』シーズン6

『ベター・コール・ソウル』シーズン6(2部構成)

『キリング・イヴ』シーズン4

『デリー・ガールズ』シーズン3

『アフター・ライフ』シーズン3

 

 ファイナルシーズンは、これまでドラマを観てきた視聴者ならば見逃すこともないでしょうし、わざわざ詳しい説明はしません。楽しみましょう。また、2022年上半期には、アメリカで非常に高い評価を受けている2本のドラマの新シーズンが日本上陸を果たします。

 

 U-Nextでは、2月から『メディア王~華麗なる一族~』シーズン3が配信開始。シーズン2ではエミー賞作品賞を含め、賞レースを席巻しました。本国での放送がすでに終了したシーズン3もすこぶる好調。シーズン最終話は、レビューサイトIMDbで、ほぼ満点の☆9.9を獲得。勢いは止まりません。

関連記事:海外ドラマ『メディア王~華麗なる一族~』のここが凄い!その魅力を徹底解剖 - 海外ドラマパンチ

 

 9年ぶりに復活した『デクスター』の新シーズン『Dexter: New Blood』は、3月からHuluで配信開始。2013年に放送された本家『デクスター』のファイナルシーズンは多くの視聴者を失望させてしまいましたが、今回の続編は期待を遥かに上回っているようです。IMDbでは、シーズン全体で☆8.9を獲得。人気ドラマの単なるリブートにとどまらない、高い評価を得ています。

関連記事:『デクスター』シーズン9について分かっていること - 海外ドラマパンチ

 

 これまで以上に数多くの海外ドラマの新作・新シーズンを観ることができる2022年。楽しみで仕方がありません。

 

psbr.hatenablog.com

psbr.hatenablog.com